Nursing Science Café [ナーシング・サイエンス・カフェ]

平成21年度 がん看護におけるナーシング・サイエンス・カフェ

名前
がん看護におけるナーシング・サイエンス・カフェ
開催日時
2009年2月7日(土)17:00~17:45
会場
沖縄コンベンションセンター 会議場A3
参加人数
一般市民13名、学会参加者(看護師)8名
概要
会場風景
 日本がん看護学会では、「がん看護学における研究者・実践者の研究の取り組みについて、一般市民への周知と理解を図るために、がん看護研究のトピックスを取り上げて紹介し、市民との対話を通して今後の看護学研究ならびに実践の示唆を得ること」を目的として、Nursing Science Cafeを開催した。第23回日本がん看護学会学術集会におけるNursing Science Cafeは、「代替療法に関する看護学研究を通して語り合おう」というテーマで、琉球大学医学部保健学科の砂川洋子氏と照屋典子氏らが、がん患者を対象に行った代替療法に関する看護研究をポスターセッション形式で紹介し、市民とともに代替療法看護について語り合った。参加者からは、「今回初めて『代替療法』という言葉を知った。看護師からの話が聞くことができとてもよかったので、今後もこのような機会がもっと増えていくといいと思う。」などの意見や、代替療法に関する質問なども多数あり、活発に意見交換がなされた。

*尚、下記の写真撮影および掲載に関しては、参加者の皆さんから許諾を得ております。

当日の会場風景
当日の会場風景

ページの先頭へ