Nursing Science Café [ナーシング・サイエンス・カフェ]

平成25年度 がん看護におけるナーシング・サイエンス・カフェ

名前
“がん”を知って、“がん”を防ごう!
開催日時
2014年2月8日(土)17:00~17:50
会場
ホテル日航新潟 3階 孔雀
参加人数
100名
主催
一般社団法人日本がん看護学会理事会
運営企画
日本がん看護学会会則・渉外委員会
チラシ
チラシ
意見・感想 アンケート回答者64名
◆学年
学年

◆年齢
年齢

◆性別
性別

◆ナーシング・サイエンス・カフェの情報をどこでお知りになりましたか?
ナーシング・サイエンス・カフェの情報をどこでお知りになりましたか?

◆がんとはどのような病気であるか、大まかな理解ができましたか。
がんとはどのような病気であるか、大まかな理解ができましたか。

◆がんを予防するために必要なことについて、大まかな理解ができましたか。
がんを予防するために必要なことについて、大まかな理解ができましたか。

◆講座についてのご意見・ご感想
  • がん検診を受けようと思いました。
  • 今回の対象が中学生・高校生からとなっていましたが、ちょっと難しいかもしれません。開催時間が17:00からとあり、参加できなかった人もいるのではないでしょうか。けれども取り組みとしては素敵だと思いました。今後も継続していけるとよいと思います。
  • がんを予防するためには生活の中でできるものやワクチン接種、検診などをするとよいことが分かったので、できる所からやっていきたいと思います。
  • 自分の周囲にもがん検診をすすめていきたいと思う。
  • 気軽に参加でき、楽しく分かりやすくがんのことを知れた。
  • 分かりやすい説明でした。
  • 今日は案内をいただきありがとうございました。休日の17:00で駅からも遠く天候も悪く生徒の出足は悪かったようです。このような講演が「学校訪問」で実現するとよいと思いました。個人的には参加してよかったです。看護師希望の生徒がたくさんいる医療専攻コースのある学校ですので、この学会の熱気を生徒に伝えたいと思います。
  • 分かりやすくて時間もちょうどよかったです。
  • 分かりやすい言葉でお話されており大変勉強になりました。
  • ありがとうございました。
  • がん検診未受診の方は医療費を上げるような政策をすると検診率があがるかも?分かりやすいお話でした。
  • 分かりやすかった。
  • 2日目もサイエンスカフェがあるといい。
  • 生活改善、検診の必要性が分かりやすく説明されていたので、市民のもっと多くの皆さんに聞いていただけるといいと思いました。
  • がん、言葉だけで気持ちが落ち込むが自分をしっかり持つ意識を持ちつつ接し介助者になりたい。
  • 一般の方に分かりやすかったと思う。
  • 患者様との会話で役立ちそうな情報や表現があったと思います。
  • がん化学療法認定看護師として市民への「がん」の伝え方、勉強になりました。ありがとうございました。
  • 興味深く聞くことができました。看護師ですが周りの人や子供たちにも健診をすすめていこうと思います。
  • 医療者ではない方に分かりやすく説明するためのお話が聞けました。ありがとうございます。
  • 中学生・高校生が性的体験で感染するHPVによる頸がんについて知りセルフケアできるような情報をいつ、誰が行うべきなのかなあと思いました。
  • 周りの人にも予防の大切さを伝えたいと思いました。
  • とてもすっきりとポイントが絞られて分かりやすかったです。がん=死のイメージを変えていきたいので、がんで死なない人が増えているということもこれから伝えていただきたいと思います。中・高・大学生に聞いてもらいたいお話に思いました。

*尚、写真撮影および掲載に関しては、参加者の皆さんから許諾を得ております。

ページの先頭へ