セミナー・研修会

日本がん看護学会
「がん看護アドバンストセミナー」のご案内

こちらのセミナーの受付は、定員に達しましたので、受付を終了いたしました。

「がん患者の意向を踏まえ、住み慣れた家庭や地域での療養を選択できるよう、在宅医療の充実を図ることが求められている」とがん対策基本法に明記され、在宅緩和ケアを可能にする体制の充実が図られてきました。しかし、療養の場の移行には、体制の整備だけではなく、患者と家族のQOLを第一に考え、多職種と連携・協働する看護の高度な実践力が重要です。そこで、新たな2年間は、「がん患者の在宅移行を可能にする連携・協働のためのスキル」をメインテーマに、在宅移行に関わる看護職間、多職種間の連携・協働のためのスキルアップをめざします。
平成27年度は、がん患者・家族が、自身の意思や希望を明確にして伝え、医療者を始めとする多職種が、その希望を叶えるように力を結集できる連携・協働を行うためのスキルアップを目指して取り組みます。
会員の皆さまのご参加をこころよりお待ちしております。

●メインテーマ
がん患者の在宅移行を可能にする連携・協働のためのスキル
-在宅移行における連携・協働の要となるがん患者のエンパワーメント-
●講師
山田雅子氏 (聖路加国際大学看護学部 教授)
畑 千秋氏 (横浜市立大学附属病院看護部 がん看護専門看護師)
*セミナー参加者には、日本がん看護学会より修了証が授与され、自己研鑽として4ポイントを取得することができます。
*第29回学術集会会長ならびに事務局のご協力を得て、学術集会会場で開催します。
日時 平成27年2月27日(金)13時~17時(学術集会前日)
場所 パシフィコ横浜 会議センター503
定員 120名程度
受講資格 申込時に日本がん看護学会会員であること、年会費が収められていること
受講料 5,000円(申込後の返金はいたしません)
申込方法 E-mailによる事前登録の後、銀行振り込みによる支払い手続きとなります。
下記の事項を記入し、E-mailでお申し込み下さい。⑥と⑦については任意ですが、当日のセミナーに活かしますので是非ご回答下さい。
①氏名(ふりがな)、②会員番号、③勤務先、④連絡先(住所と電話番号)、⑤認定看護師・専門看護師の方は専門領域、⑥退院支援で困っていること(具体的に)、⑦介護保険について患者の状態に合わせた説明ができるか(できるか否か)
申込先 jscn-adv@jscn.or.jp
申込期間 2014年10月24日(金)~2014年12月20日(土)
(申し込み受付後、受講料の振り込み先をお知らせします。入金確認をもって受付完了となります。先着順にお受けしますので、申込みが多い場合はご参加いただけないことがあります。申し込み日以前のお申し込みは、受け付けられませんのでご注意下さい。)
問合せ先 〒238-8522 横須賀市平成町1-10-1
神奈川県立保健福祉大学 野村美香
e-mail:nomura-hg2@kuhs.ac.jp FAX:046-828-2775

ページの先頭へ