一般社団法人 日本がん看護学会 がん薬物療法における職業性暴露対策ガイドライン2019年版(案)パブリックコメントの募集について

がん薬物療法における職業性暴露対策ガイドライン2019年版(案)パブリックコメントの募集について

理事長 雄西智恵美
ガイドライン委員長 飯野 京子

 日頃より当学会の活動にご理解、ご協力を賜り誠にありがとうございます。
さて、このたび当学会ガイドライン委員会では日本臨床腫瘍学会、日本腫瘍薬学会と合同で「がん薬物療法における曝露対策合同ガイドライン 2015年版」を改訂し、「がん薬物療法における職業性曝露対策ガイドライン 2019年版(案)」を作成いたしました。

 そこで、ガイドライン案をご提示し、会員の皆様より広くご意見(パブリックコメント)を募集いたします。つきましては、下記ご参照の上、ご意見をお寄せくださいますようお願い申し上げます。

■ご意見をいただく改訂ガイドライン(案)のPDFは以下をクリックしてください。
「がん薬物療法における職業性曝露対策ガイドライン 2019年版(案)」
■受付期日:2018年7月31日(火)~8月10日(金)16時まで
■提出先 :日本がん看護学会事務局(info@jscn.or.jp
■提出方法:
件名を『ガイドラインパブリックコメント』とし、ご意見(該当ページを記す)およびお名前、会員番号を所定のEXCELファイルにご記入の上、Emailにて事務局宛にご送信ください。
パブリックコメントシート

ページの先頭へ