学会誌

「日本がん看護学会誌」投稿規程

1. 投稿者の資格

1)
投稿者は,共著者を含め本学会の会員に限る. (賛助会員を除く).但し,編集委員会が依頼 したものはこの限りではない.

2. 原稿の種類

1)
投稿原稿は,他誌に未発表のものに限る.
2)
原稿の種類は次の区分があり,著者は原稿にその何れかを明記すること.
  1. (1)原著
     がん看護学の発展に寄与すると認められるものであり,オリジナルなデータもしくは分析に基づいて,新しい知見と実践への示唆が論理的に示されているもの.
  2. (2)総説
     がん看護に関わる特定のテーマについて広範囲の文献考察を行い,そのテーマに関する現状と展望を明らかにしたもの.
  3. (3)実践報告
     がん看護学の発展に寄与すると考えられる実践に関する報告で,その看護の実際を論文形式にまとめたもの.
  4. (4)資料
     がん看護学に関連する提案・提言,有用な調査や文献検討により研究や実践活動の参考となり,公表の意義があると認められるもの.
  5. (5)その他
    上記以外において,編集委員会が適当と認めたもの.

3. 倫理的配慮

本研究が倫理的配慮のもとに実施されたものであることを明記すること.
1)
研究者への研究参加の説明と同意の手続きが適切に行われている.
2)
対象者が心身の負担・苦痛や不利益を受けない配慮がされている.
3)
個人データが守秘され個人情報が保護されている.
4)
研究者としてのモラルに反していない(引用文献の明記や,重複投稿がないなど).
5)
原著,実践報告,資料(調査研究)の場合は,所属する施設等の倫理委員会の審査を受けている.

4. 利益相反

1)
論文投稿時に著者全員について,発表内容に関係する企業・組織または団体との前年度1年間のCOI状態を「(学会誌発表)利益相反事項届出書」に記載して、編集委員長あてに郵送する.
2)
当該研究の遂行や論文作成において,利益相反となるような経済的支援を受けた場合には,その旨を「謝辞」の欄の次に,「利益相反」の欄を設けて記載する.利益相反状態が存在しない場合には,「本研究における利益相反は存在しない」と記載する.

5. 送稿方法

1)
原稿正本 1 部,副本 1 部を下記送付先にメール添付で送付する.副本は氏名,所属,謝辞ほか投稿者を特定できる事項は削除する.
2)
原稿にはパスワードを付し,原稿送付後,パスワードについて再度メールで連絡する.
3)
倫理審査承認書の写しおよび投稿論文チェック表を原稿送付時にメール添付する.

5. 原稿の受付および採否

1)
原稿の投稿は随時受け付ける.
2)
原稿のメール到着日を受付日とする.
3)
原稿受付後,編集室から受付日と到着順に付す受付番号を投稿者に通知する.1週間以内に編集室からの原稿受付の返信がない場合,編集室へFAXまたは電話で問い合わせること.
4)
原稿は,理由の如何を問わず返却しない.
5)
原稿の採否は査読(1論文2名以上の専任査読者による)を経て,編集委員会において決定する.
6)
編集委員会の判定により,論文の種類の変更を著者に勧めることがある.
7)
修正論文は,査読結果通知書の日付から3ヶ月以内に再提出すること. また特別な事情があり3ヶ月以内に再提出困難な場合は,編集室にその旨を連絡すること.連絡なく3ヶ月以上再提出されない論文については投稿を辞退したものと見なす.

6. 執筆要領

1)
投稿時は,別添の投稿論文チェック表【Word形式:46KB】に従って原稿を点検確認し,原稿とともに送付する.
2)
原稿の本文は原則としてパソコンのワープロソフトで作成し,A4版用紙に35文字×28行で作成する.その際,各頁の下中央に頁数を記入する.
3)
原稿枚数は本文,図,表,文献を含めて下記の枚数内とする.
ただし,図表は,3点で原稿1枚とする.
原著
16枚
総説
12枚
実践報告
12枚
資料
12枚
その他
8枚
4)
原著の場合には,400~600字程度の和文抄録および300words程度の英文抄録を付ける.
5)
原著では,緒言・目的・方法・結果・考察・看護への示唆・結論などの内容を含む.実践報告もこれに準ずるが,目的によって適宜変更も可能である.
6)
原稿に表紙を付し,①表題(和文,英文)②著者名(和文,英文)および会員番号,③所属機関名(和文,英文),④連絡先の住所・氏名(和文,英文),⑤原稿の種類,⑥図,表,写真 などの枚数,⑦別刷(必要部数),⑧3~5 語のキーワード(和文,英文),⑨投稿論文連絡責任者の氏名と連絡先(所属機関,所在地,電話,fax,メールアドレス)を明記する.
7)
外来語,外国人名,地名,薬品名は言語のまま用い,外国語で一般に日本語化しているものは片仮名を用いても良い.
8)
図,表,および写真は,図1,表1,写真1 などの番号をつけ,本文とは別に1ページ1枚に作成し,最後に一括する.また,原稿右欄外等にそれぞれ挿入希望位置を指定する.
9)
文献記載の様式
(1)
文献は,本文の該当する箇所の上方に1),1)~4)などの番号で示し,本文原稿の最後に一括して引用番号順に記載する.
(2)
記載方法は原則として,科学技術情報流通技術基準(SIST)による.雑誌名は原則として省略・略記せずに正式名で記載する.
雑誌…著者名. 論文名. 雑誌名. 巻(号),頁―頁(出版年)
例]
a. 秋元典子,森 恵子,中塚幹也.若年子宮頸がん患者の手術決意過程.日本がん看護学会誌.24(2),5-14(2010)
b. Roiland RA, Heidrich SM. Symptom clusters and quality of life in older adult breast cancer survivors. Oncology Nursing Forum. 38(6), 672-680(2011)
単行本…著者名. 書名. 版表示. 出版地, 出版社, 出版年, 頁―頁
例]
a. 奥田千恵子.医薬研究者のための評価スケールの使い方と統計処理.京都,金芳堂,2007,51―77
b. Yarbro CH, Frogge MH, Goodman M(eds). Cancer Nursing:Principles and Practice. 6th ed. Sudbury, MA, Jones and Bartlett Publishers, 2005, 229-249
編者のある単行本の一論文…著者名. “論文名”. 書名. 編者名. 版表示. 出版地, 出版社, 出版年, 頁―頁
例]
小林 心.“FOLFOX療法における深部静脈血栓症”.がん化学療法における有害事象管理の実際.畠 清彦・末永光邦編.東京,日本医学館,2011,28―29
訳本…著者名(訳者名). 書名. 版表示. 出版地, 出版社, 出版年, 頁―頁
例]
Leininger MM(近藤潤子,伊藤和広訳).看護における質的研究.東京,医学書院,1997,154―172
電子文献…(ある場合は)作成者名.該当データ名.バージョン, 発行年, URL(参照日)
例]
内閣府編. 交通安全白書. 平成17年版, 2005, http://www8cao.go.jp/koutu/taisaku/index-t.html(参照2006-03-07)

7.著作権について

1)
掲載された論文の著作権(印刷・複写などの複製権,翻訳権,二次使用権,インターネットなどによる公衆送信権など)は本学会に帰属する.他誌に文章・図・表などを転載するときは本学会の承諾が必要である.なお,著者全員は 「著作財産権譲渡同意書」 に自筆署名し最終原稿と共に編集委員会に送付すること.
2)
本誌の論文を機関リポジトリに登録する場合は、登録申請書を編集室宛に提出し、編集委員長からの許可を得る.

8.著者の負担すべき費用

1)
別刷の費用

付 記

この規程は平成13年12月22日から施行する.
この規程は平成16年7月20日一部改正.
この規程は平成18年7月20日一部改正.
この規程は平成20年11月1日一部改正.
この規程は平成22年1月9日一部改正.
この規程は平成22年7月25日一部改正.
この規程は平成24年9月30日一部改正.
この規程は平成24年12月25日一部改正.
この規程は平成25年11月20日一部改正.
この規程は平成27年1月11日一部改正.
この規程は平成28年11月27日一部改正.
この規程は平成29年4月1日一部改正.

原稿送付先

〒113-0031 東京都文京区根津1-4-4 河内ビル
(株)青海社
「日本がん看護学会誌」編集室
TEL:03-5832-6171 FAX:03-5832-6172
E-mail: journal@jscn.or.jp

利益相反届出書・学会誌発表用利益相反事項届出書送付先

〒463-8502 名古屋市守山区上志段味字東谷
愛知県立大学看護学部内
日本がん看護学会編集委員長
片岡 純

ページの先頭へ