歴史・歴代役員

歴史

1987 日本がん看護学会( Japanese Society of Cancer Nursing ; JSCN)発足(2月)(学会代表:柿川房子)
第1回日本がん看護学会学術集会開催(会長名:柿川房子,2月,東京)
日本がん看護学会誌 第1巻 第1号発刊 (12月発刊)
日本がん看護学会会則(案)作成
1988 第2回日本がん看護学会学術集会開催(会長名:柿川房子,2月,東京)
日本がん看護学会会則 実施開始  
1989 第3回日本がん看護学会学術集会開催(会長名:柿川房子,2月,東京)
投稿原稿の査読システム 開始
1990 第4回日本がん看護学会学術集会開催(会長名:柿川房子2月,東京)
本学会誌第4巻から査読を経た論文の掲載 開始(8月)
教育・研究活動委員会による毎年の教育セミナー開催スタート
1991 第5回日本がん看護学会学術集会開催(会長名:柿川房子,2月,東京)
「日本がん看護学会 評議員選出」に関する規程制定・施行
1992 第6回日本がん看護学会学術集会開催(会長名:小島操子,2月,東京)
「日本がん看護学会誌」投稿規程 施行
1993 総会で承認された正会員による学術集会長持ち回り開催 開始
第7回日本がん看護学会学術集会開催(会長名:木原三恵子,2月,横浜)
1996 日本学術会議学術研究団体として認可を受ける
国際活動員会発足
1997 本学会申請の認定看護師分野(がん性疼痛看護)特定
1999 本学会申請の認定看護師分野(がん化学療法看護)特定
2001 編集委員会発足
会則・渉外委員会発足
「学術集会」に関する規程制定
「総会」に関する規程制定
日本看護系学会連絡協議会(現 日本看護系学会協議会)入会
2003 日本がん看護学会 第1回国際学術集会の開催(会長:佐藤禮子,大阪)
2004 本学会申請の認定看護師分野(乳がん看護)特定
学会ホームページ開設
2005 学会ロゴマークの選定(20周年記事業)
診療報酬に結びつく看護技術の調査研究開始
看護系学会等社会保健連合(看保連)との連携開始
がん看護コアカリキュラムの検討開始
2006 日本がん看護学会特別関心活動グループ委員会発足
特別関心活動グループ(Japanese Society of Cancer Nursing Special Interest Group;JSCN-SIG)活動開始
2007 日本がん看護学会 第2回国際学術集会の開催(会長:小松浩子,東京)
米国がん看護学会のCore Curriculum for Oncology Nursing(Forth edition)を翻訳
2008 本学会申請の認定看護師分野(がん放射線療法看護)特定
2009 CHMOTHERAPY AND BIOTERAPY GUIDELINES AND RECOMMENDATIONS FOR PRACTUCE,(2nd Edition)を翻訳
日本がん看護学会表彰規定 制定
2010 「がん看護コアカリキュラム日本版2010年度(PartⅠ)」を作成
がん看護技術開発委員会発足
表彰委員会発足
2012 がん看護ガイドライン作成・評価委員会発足
2013 名称を「一般社団法人日本がん看護学会」に変更
学会事務局を設置し、学会事務業務、会員管理等を本学会事務局へ移行
がん看護コアカリキュラムPartⅡ(実践編)作成
米国がん看護学会のPutting Evidence into Practice: Improving Oncology Patient Outcomes(version1.2)を翻訳
2014 外来がん化学療法看護ガイドライン 抗がん剤の血管外漏出およびデバイス合併症の予防・早期発見・対処 2014年版 第2版,発行 
2015 The Core Curriculum for Oncology Nursing, Japanese Version(2010)作成
監修:一般社団法人日本がん看護学会 「がん看護実践ガイドシリーズ」5冊発行
がん患者へのシームレスな療養支援,がん患者のQOLを高めるための骨転移の知識とケア,がん治療と食事治療中の食べるよろこびを支える援助,女性性を支えるがん看護,患者の感情表出を促すNURSEを用いたコミュニケーションスキル
日本がん看護学会,日本臨床腫瘍学会,日本臨床腫瘍薬学会.
がん薬物療法における曝露対策 合同ガイドライン 2015年版,発行

ページの先頭へ