SIG ―日本がん看護学会特別関心活動グループ―

日本がん看護学会とJSCN-SIG活動について

特別関心活動グループ(以後、SIGとする)は、日本がん看護学会の組織内グループとして設置された学会員のための活動グループです。
SIGは、日本がん看護学会会員が関心のあるテーマに集い、情報交換や学習活動をとおして切磋琢磨し、相互研鑽をおこない、テーマに関わるがん看護の質の向上に貢献することを目的としています。具体的なSIGの活動には、関心テーマに集う会員のネットワークづくり、会員同士の情報交換会、講師や熟練者を招いての学習会、関心テーマの看護をさらに充実させるためのイベントなどがあります。
SIGは第一義的に日本がん看護学会会員のためのものであり、二義的には会員としての成果を社会に還元するという意味を持ちます。
SIGの活動は、今後の日本がん看護学会の発展を担う鍵となると考えています。 会員の皆さまのご参加とご活躍を心から期待しております。

日本がん看護学会特別関心活動グループ委員会

目次

ページの先頭へ