SIG ―日本がん看護学会特別関心活動グループ―

SIG主催の学習会のお知らせ

テーマグループ名:遺伝がん看護グループ・臨床試験看護師グループ
学習会のテーマ 臨床試験と遺伝子検査~がん患者に与える影響と看護の役割
学習会の内容 臨床試験と遺伝子検査についての講義後、求められる看護援助について情報交換・ディスカッションを行い、学びを深める
講師氏名・所属 がん研有明病院 遺伝子診療部  吉田玲子氏
日時 2018年2月3日(土)18:30-19:30
場所 〒261-0021
千葉県千葉市美浜区ひび野2-3
TKPガーデンシティ幕張(アパホテル&リゾート東京ベイ幕張内)
会場:メイフラワー
*フロア案内は会場入口に提示されます。

JR京葉線 海浜幕張駅 南口 徒歩5分
TEL:043-351-7831(事務所直通)
https://www.kashikaigishitsu.net/facilitys/gc-makuhari/access/


http://tkpmakuhari.net/room_detail/1675/
参加資格 一般社団法人日本がん看護学会会員
費用 無料
募集人数

6名(SIG遺伝がん看護グループ・SIG臨床試験看護師グループメンバー以外の方)
受付は先着順になります。

申込方法 以下の事項を記入し、E-mailでお申し込みください。
①氏名(ふりがな)、②会員番号、③連絡先(電話番号またはEmail)
申込先 ①グループメンバーの方
優先的に参加できますので、グループ内の担当者まで直接ご連絡ください。
②グループメンバー以外の方
以下の指定のメールアドレスにお申込みください。
sig-reseach@jscn.or.jp
申込期限 2018年1月19日(火)17時
その他
問い合わせ先 遺伝がん看護グループ:竹内 抄與子 (がん研究会有明病院 看護部 看護師) sayoko.takeuchi@jfcr.or.jp
臨床試験看護師グループ:宋 菜緒子(がん研究会有明病院 臨床試験支援部CRC) naoko.so@jfcr.or.jp
テーマグループ名:がん放射線療法看護グループ
学習会のテーマ いまいちど、放射線治療開始時の患者オリエンテーションを考える。
学習会の内容 放射線治療を開始する際には、治療期間を通して患者のセルフケアを支援するために、オリエンテーションが重要な意味を持つ。内容は治療方法から有害事象対策、通院の段取りなど多岐に渡り、各施設で工夫をしたパンフレットなどを作成している。今回、会場となるがん研有明での実践の提示を受け、各施設の工夫を共有する。
*がん研有明病院放射線治療部の見学も併せて行います。
講師氏名・所属 後藤 志保 氏  がん研有明病院
日時 2018年1月13日(土)13:00-15:00
場所 がん研有明病院 1階レセプションルーム
〒135-8550 東京都江東区有明3-8-31 (臨海副都心)
りんかい線国際展示場駅から徒歩4分
ゆりかもめ有明駅から徒歩2分
http://www.jfcr.or.jp/access/index.html

休日のため夜間救急入り口よりお入りください
守衛さんがいますが、SIG勉強会参加とお伝えください。
(面会手続き者と区別するためです。守衛にはあらかじめ伝えておきます)
病院内タリーズコーヒーショップ奥にレセプションルームがあります
タリーズカウンター奥を右に曲がってください
参加資格 一般社団法人日本がん看護学会会員
費用 無料
募集人数

5名(SIGがん放射線療法看護グループメンバー以外の方)
受付は先着順になります。

申込方法 以下の事項を記入し、E-mailでお申し込みください。
①氏名(ふりがな)、②会員番号、③連絡先(電話番号またはEmail)
申込先 ①グループメンバーの方
優先的に参加できますので、グループ内の担当者まで直接ご連絡ください。
②グループメンバー以外の方
以下の指定のメールアドレスにお申込みください。
sig-radiation@jscn.or.jp
申込期限 2018年1月9日(火)17時
その他 会場までの交通費や宿泊を伴う場合の宿泊費は自己負担です
問い合わせ先 がん研有明病院 後藤 志保 E-Mail s.goto@jfcr.or.jp
テーマグループ名:がん精神看護グループ
学習会のテーマ がん患者のせん妄への対応
学習会の内容 目的:せん妄について理解を深め患者・家族への対応に生かす
①せん妄について(講義)
②事例をもとにグループ全体で検討をし、せん妄に対する理解を深める。
講師氏名・所属 東邦大学医療センター大森病院
精神看護専門看護師 梅澤志乃 氏
日時 2018年1月13日(土)13:00~17:00
場所 聖路加国際病院 研修室A(旧館5階)
住所:東京都中央区明石町9-1
最寄駅:
東京メトロ日比谷線築地駅(3,4番出口)徒歩7分
東京メトロ有楽町線新富駅(6番出口)徒歩8分
JR東京駅よりタクシーで約10分
交通アクセス:聖路加国際病院HP
http://hospital.luke.ac.jp 交通案内参照
▼ 近隣地図(電車・バスでお越しの場合)

《地下鉄》
東京メトロ日比谷線築地駅下車(3、4番出口)、徒歩7分
*エレベーターは2番出口にあります。
東京メトロ有楽町線新富町駅下車(6番出口)、徒歩8分
*エレベーターは1番出口にあります。
《バス》
東15番-東京駅八重州口 深川車庫行 聖路加病院前下車
近隣地図 印刷用PDFダウンロード
▼ 近隣地図(お車でお越しの場合)

駐車場には台数に限りがございますので、原則として公共の交通機関でご来院下さい。
《来院時》
新富町出口より佃大橋方面に進み、「佃大橋西」の信号より側道に入り、「佃大橋」の信号を右折します。
《帰院時》
●池袋・外環方面
駐車場出口を左折し、病院に沿って2つの信号をそれぞれ左折します。
「聖路加国際病院前」の信号を右折し、そのまま直進し「銀座東二」を左折、「銀座東三」を左折して、「首都高速都心環状線 銀座入口」より高速に入ります。
●渋谷・羽田線方面
駐車場出口を左折し、病院に沿って2つの信号をそれぞれ左折します。
「聖路加国際病院前」の信号をそのまま直進し「築地六」を右折します。
しばらく晴海通りを直進し「東劇」を左折して、「首都高速都心環状線 銀座入口」より高速に入ります。
《駐車場》
1時間につき500円 (その後、30分毎 300円)
満車の場合がございます。満車の場合はお待ちいただくことになります。予めご了承いただけますようお願い致します。
近隣地図 印刷用PDFダウンロード
<旧館5階 研修室A>
病院旧館入口から入ってまっすぐ進み、エレベーターで5階へ上がって下さい。
もしくは、病院本館入口から入り、エスカレーターまたはエレベーターで2階へ上がり、渡り廊下を通って旧館へ。
さらに(旧館)エレベーターで5階まで上がって下さい。
参加資格 一般社団法人日本がん看護学会会員
費用 無料
募集人数

10名(SIGがん精神看護グループメンバー以外の方)
受付は先着順になります。

申込方法 以下の事項を記入し、E-mailでお申し込みください。
①氏名(ふりがな)、②会員番号、③連絡先(電話番号またはEmail)、④所属施設、⑤認定看護師資格の有無と認定看護分野/専門看護師資格の有無と専門看護分野、⑥看護師歴、⑦がん看護従事年数
申込先 ①グループメンバーの方
優先的に参加できますので、グループ内の担当者まで直接ご連絡ください。
②グループメンバー以外の方
以下の指定のメールアドレスにお申込みください。
sig-psycho@jscn.or.jp
申込期限 2018年1月5日(金)17時
その他 今後の学習会予定:3月4日(日)ストレス関連
問い合わせ先 sodan-matumoto@gunma-cc.jp(SIGがん精神看護事務局 松本 好美宛)
テーマグループ名:スキンケアグループ
学習会のテーマ がん患者の治療にまつわる排便トラブル
学習会の内容 がん患者において、排泄とくに排便トラブルは身体的苦痛にとどまらず精神的にもストレスになります。こうした排便トラブルにおいて、下痢や便失禁はスキントラブルにもつながるため、スキンケアの観点からも関わることが重要といえます。今回、大腸肛門科医と共にこうした問題について考える機会を企画しました。
目的:がん治療(化学療法や放射線療法、鎮痛剤投与)に伴う排便への影響について学ぶ
①排便のメカニズムおよび各種治療に伴う影響について講演
②臨床で遭遇する様々な状況についてフリーディスカッション
講師氏名・所属 豊原 敏光 氏
医療法人福西会 福西会病院 副院長、大腸肛門病センター長
日時 2017年12月10日(日)13:30~15:30
場所 TKP品川カンファレンスセンター ミーティングルーム4K
〒108-0074 東京都港区高輪3丁目26番33号 京急第10ビル
電話:03-5793-3571(事務所直通)
https://www.kashikaigishitsu.net/facilitys/cc-shinagawa/access/
参加資格 一般社団法人日本がん看護学会会員
費用 無料
募集人数

10名(SIGスキンケアグループメンバー以外の方)
受付は先着順になります。

申込方法 以下の事項を記入し、E-mailでお申し込みください。
①氏名(ふりがな)、②会員番号、③連絡先(電話番号またはEmail)
申込先 ①グループメンバーの方
優先的に参加できますので、グループ内の担当者まで直接ご連絡ください。
②グループメンバー以外の方
以下の指定のメールアドレスにお申込みください。
sig-skin@jscn.or.jp
申込期限 2017年12月4日(月)17時
その他 会場までの交通費や宿泊を伴う場合の宿泊費、茶菓など実費は参加者の自己負担となります。
問い合わせ先 SIGスキンケア 高木良重宛 y-takaki@fukuseikai-hp.or.jp
テーマグループ名:肺がん看護グループ
学習会のテーマ 第1部 「肺癌患者への相談支援の実際‐外来での支援を中心に‐」
第2部 「肺がん患者事例の紹介と検討」
学習会の内容 通院治療で先進薬物療法を受け延命する肺がん患者は多様な症状の経験により日常生活の質(QOL)の低下を招きやすい状況にあり、看護支援は重要な課題となっています。そこで、先駆的ながん患者への相談支援部門の立ち上げと臨床での細やかな支援の実践と事例の紹介を通して、通院治療と生活を両立するため肺がん患者に求められる相談支援の方略を知る・考える・わかる学習会を企画しました。
講師氏名・所属 第1部 静岡県立 静岡がんセンター がん看護専門看護師 本山 清美 氏
第2部 日本赤十字社 旭川赤十字病院 がん看護専門看護師 岸本 有加里 氏
日時 2017年12月9日(土)(受付13:10~)
第1部13:30~15:00
第2部15:15~16:30
場所 東京:AP品川 7階 Wルーム 
〒108-0074東京都港区高輪3-25-23 京急第2ビル
参加資格 一般社団法人日本がん看護学会会員
費用 無料
募集人数 35名(SIG肺がん看護グループメンバー以外の方)
受付は先着順になります。
申込方法 以下の事項を記入し、E-mailでお申し込みください。
①氏名(ふりがな)、②会員番号、③連絡先(電話番号またはEmail)
申込先 ①グループメンバーの方
優先的に参加できますので、グループ内の担当者まで直接ご連絡ください。
②グループメンバー以外の方
以下の指定のメールアドレスにお申込みください。
sig-lung@jscn.or.jp
申込期限 2017年12月1日(金)17時
その他 会場までの交通費は参加者の自己負担になります。
問い合わせ先 肺がん看護SIGグループ代表 濵田珠美
旭川医科大学看護学科 〒078-8510旭川市緑が丘東2条1丁目1番1号
FAX: 0166-68-2219 E-Mail: thamada@asahikawa-med.ac.jp
テーマグループ名:がん看護専門看護師グループ・外来がん看護グループ
学習会のテーマ 外来がん看護体制の充実に向けて
学習会の内容 ①外来がん看護体制充実の必要性を理解し、外来がん看護の今後のあり方について考える。(講義)
②日々の看護実践の中で困難に感じていることを参加者間でディスカッションし、今後の活動の方向性やヒントを得る。(グループディスカッション)
講師氏名・所属 渡邉眞理氏:神奈川県立保健福祉大学
日時 2017年12月9日(土)13:30~16:30
場所 東京:AP品川  品川駅より徒歩3分
住所:東京都港区高輪3-25-23 京急第2ビル 9F
Tel:03-5798-3109
参加資格 一般社団法人日本がん看護学会会員
費用 無料
募集人数 20名(SIG専門看護師グループおよびSIG外来がん看護グループメンバー以外の方)
受付は先着順になります。
申込方法 以下の事項を記入し、E-mailでお申し込みください。
①氏名(ふりがな)、②会員番号、③連絡先(電話番号またはEmail)④所属施設
申込先 ①グループメンバーの方
優先的に参加できますので、グループ内の担当者まで直接ご連絡ください。
②グループメンバー以外の方
以下の指定のメールアドレスにお申込みください。
sig-outpatient@jscn.or.jp
申込期限 2017年11月20日(月曜日)17時
その他 会場までの交通費や宿泊を伴う場合の宿泊費、茶菓など実費は参加者の自己負担となります。
問い合わせ先 SIG外来がん看護グループ代表 春木ひかる
連絡先 HARUKIH-NUR@h.u-tokyo.ac.jp

終了した学習会一覧へ

ページの先頭へ