セミナー・研修会

教育・研究活動委員会からのお知らせ

 教育・研究活動委員会では、平成30年2月3日(土)~2月4日(日)に行われる第32回日本がん看護学会学術集会の前日の日程を活用して、以下の企画を計画中です。皆様のご参加を心よりお待ちしております。

教育・研究活動委員会 委員長 田中 京子

日本がん看護学会
「平成30年度がん看護アドバンストセミナー」のご案内

こちらのセミナーの受付は、定員に達しましたので、受付を終了いたしました。

 アドバンスケアプランニングは、将来の意思決定能力の低下に備えて、当事者や家族とケア全体の目標や具体的な治療や療養について話し合うプロセスです。がん看護におけるアドバンスケアプランニングでは、患者や家族が将来の死を見据えながらも、その人らしく生きることを目指す対話を行うことを意味しますが、がんの終末期にのみに行われるものではありません。
 看護師が、がん患者や家族と将来見据えた対話を行うには、患者個々の身体・心理社会的状況を的確にアセスメントし、対話の目的を明確にする必要があります。アドバンスケアプランニングの概念が我が国で広まり始めたのは2010年頃からであり、がん看護においてアドバンスケアプランニングを継続的かつ効果的に展開するための時期や方法の創造は、今後ますます求められます。
 そこで、この2年間は、アドバンスケアプランニングの概念を基盤として、継続的かつ効果的ながん看護を創造することをメインテーマとしました。平成30年度は、アドバンスケアプランニングの概念と早期からのかかわりを考え、平成31年度は、アドバンスケアプランニングの組織的な展開について企画する予定です。会員の皆様のご参加を心よりお待ちしております。
 *セミナー参加者には、日本がん看護学会より修了証が授与されます。

●平成30年・31年度メインテーマ
アドバンスケアプランニング‐継続的かつ効果的ながん看護を創造する‐

平成30年度テーマ:
「アドバンスケアプランニングの概念と早期からの関わりを考える」

日時 平成30年2月2日(金)13:00~17:00
場所 幕張メッセ 国際会議場103
プログラム 講義1「がん看護におけるアドバンスケアプランニング」
講師:山本 瀬奈先生(相良病院 看護部・臨床研究センター)
*講師変更となりました
講義2「市民とともにアドバンスケアプランニングを考える~支援者として・一市民として~」
講師:蔵本 浩一先生(亀田総合病院 疼痛・緩和ケア科、一般社団法人iACP 共同代表)
演習 「早期から“もしも”のことを話し合うための看護実践」
定員 90名程度
*セミナー参加者には、日本がん看護学会より修了証が授与されます。
受講資格 申込時に日本がん看護学会会員であること、
年会費が納められていること
受講料 5,000円(申込後の返金はいたしません)
申込方法 E-mailによる事前登録の後、銀行振り込みによる支払い手続きとなります。
下記の事項を記入し、E-mailでお申し込み下さい。
①氏名(ふりがな)、②会員番号、③勤務先、④連絡先(住所と電話番号)、⑤認定看護師・専門看護師の方は専門領域
申込先 jscn-adv@jscn.or.jp
申込期間 2017年11月10日(金)~2017年12月1日(金)
こちらのセミナーの受付は、定員に達しましたので、受付を終了いたしました。
(申し込み受付後、受講料の振り込み先をお知らせします。入金確認をもって受付完了となります。先着順にお受けしますので、申込みが多い場合はご参加いただけないことがあります。申し込み日以前のお申し込みは、受け付けられませんのでご注意ください。)
問合せ先 〒260-8672 千葉市中央区亥鼻1-8-1
千葉大学大学院看護学研究科 増島麻里子
E-mail:marikomj@faculty.chiba-u.jp

ページの先頭へ