セミナー・研修会

教育・研究活動委員会からのお知らせ

 教育・研究活動委員会では、2019年2月23日(土)~2月24日(日)に行われる第33回日本がん看護学会学術集会の前日の日程を活用して、以下の企画を計画中です。皆様のご参加を心よりお待ちしております。

教育・研究活動委員会 委員長 田中 京子

日本がん看護学会
「2019年度がん看護アドバンストセミナー」のご案内

 アドバンスケアプランニングは、将来、意思決定できない状態に備えて、当事者や家族とケア全体の目標や具体的な治療や療養について話し合うプロセスです。がん看護におけるアドバンスケアプランニングでは、患者や家族が将来の死を見据えながらも、その人らしく生きることを目指す対話を意味しますが、がんの終末期にのみに行われるものではありません。
 看護師が、がん患者や家族と将来を見据えた対話を行うには、患者個々の身体・心理社会的状況を的確にアセスメントし、対話の目的を明確にする必要があります。アドバンスケアプランニングの概念が我が国で広まり始めたのは2010年頃からであり、がん看護においてアドバンスケアプランニングを継続的かつ効果的に展開するための時期や方法の創造は、今後ますます求められます。
 そこで、2018年度からの2年間は、メインテーマを「アドバンスケアプランニング―継続的かつ効果的ながん看護を創造する―」とし、アドバンスケアプランニングの概念を基盤として、継続的かつ効果的ながん看護を創造することを目指しました。2018年度は、アドバンスケアプランニングの概念と早期からのかかわりを考え、2019年度は、アドバンスケアプランニングの組織的な展開について企画しております。会員の皆様のご参加を心よりお待ちしております。
 *セミナー参加者には、日本がん看護学会より修了証が授与されます。

●2018・2019年度メインテーマ
アドバンスケアプランニング―継続的かつ効果的ながん看護を創造する―

2019年度テーマ:
「アドバンスケアプランニングを組織的に展開する」

日時 2019年2月22日(金)13:00~17:00
場所 福岡国際会議場(第33回学術集会会場)
プログラム 講義1「日本における組織的なアドバンスケアプランニングのアプローチ」
講師:木澤 義之先生(神戸大学医学部附属病院・特命教授)
講義2「がん看護における組織的なアドバンスケアプランニングのアプローチ」
講師:近藤 まゆみ先生(北里大学病院患者支援センター部・がん看護専門看護師)
演習 (ディスカッション)
定員 200名程度
受講資格 申込時に日本がん看護学会会員であること、
年会費が納められていること
受講料 5,000円(申込後の返金はいたしません)
申込方法 10月中旬頃からの受付となります。詳細が決まり次第,日本がん看護学会ホームページ,および会員宛メールでお知らせします。受付日前にお申込みいただいても無効となりますのでご留意ください。

ページの先頭へ