セミナー・研修会

日本がん看護学会 ガイドライン委員会研修会

リーダー育成 どこから取り組む?! がん薬物療法における曝露対策
~組織に働きかけるために必要なこと~

目的 「がん薬物療法における曝露対策合同ガイドライン」に基づく実践を自施設に導入するための効果的なアプローチ方法について学び、自施設で推進していく上での具体的な方策を考える。
日時 平成28年10月15日(土)13:00-16:30
場所 東京医科大学新宿キャンパス 第一看護学科棟2階 202講義室
〒160-8402 東京都新宿区新宿6-1-1
(アクセス)
① JR・小田急線・京王線:「新宿駅」徒歩約20分
② 西武新宿線:「西武新宿駅」徒歩約20分
③ 都営バス:新宿駅西口から練馬車庫前行「新宿1丁目北(元厚生年金会館前)」 徒歩約3分
④ 丸ノ内線:「新宿御苑前駅」徒歩約7分
⑤ 都営新宿線:「新宿3丁目駅」徒歩約10分
⑥ 丸ノ内線・副都心線:「新宿3丁目駅」徒歩約15分
(地図)クリックすると大きい地図(PDF)が開きます
スケジュール 13:00 開会
13:10 講演①
   「組織を動かす交渉術・SWOT分析の理論」
     竹内千恵子(東京医科大学医学部看護学科 教授)
14:00 講演②
   「SWOT分析を用いた曝露対策の取り組み」
    間宮伸幸(東京都済生会中央病院 がん薬物療法認定薬剤師)
14:20 グループワーク・意見交換
16:30 閉会
対象 各施設で曝露対策の推進役となる日本がん看護学会会員および、同じ施設内で共同して曝露対策に取り組む看護師、医師、薬剤師、管理者、安全管理担当者など。
* 1施設につき2名以上(最大3名まで)でお申込みください(先着30組)。
* 申し込み資格:申し込み代表者は、日本がん看護学会会員であり、曝露対策ガイドラインの基本的な内容は理解していること。
費用 無料
申し込み方法 以下の事項を記入し、日本がん看護学会事務局E-mail()でお申し込みください。
① ガイドライン委員会研修会 ②代表者氏名(ふりがな)、③会員番号、 ④連絡先(E-mail)、⑤所属施設、⑥職種、⑦その他の参加者氏名と職種
申し込み期限 平成28年8月29日(月)~平成28年10月6日(木)
※定員になり次第、締め切らせていただきます。ご了承下さい。
問い合わせ先 日本がん看護学会ガイドライン委員会
平井和恵
東京医科大学医学部看護学科
E-mail:k-hirai@tokyo-med.ac.jp

ページの先頭へ