日本がん看護学会表彰事業

学会賞選考に関わる細則

目 的

第1条
この細則は、日本がん看護学会表彰規程第3条に基づき、「日本がん看護学会 学会賞」の選考に関し必要な事項を定める。

選考対象

第2条
がん看護の向上と発展及び本学会活動において、著しい貢献のあった者を対象とする。

選考委員会委員の構成

第3条
選考委員会委員は、表彰委員会委員長、編集委員会委員長、教育・研究活動委員会委員長ならびに理事長の推薦による理事若干名とする。
  1. 委員長は表彰委員会委員長とする。
  2. 選考委員が候補者となっている場合は、その委員は選考に加わることはできない。

公募

第4条
選考委員会は年度の始まりの時期に会員に対して応募を公示する。
  1. 応募資格は以下のすべてを満たす者とする。
    • 1)日本がん看護学会の正会員である。
    • 2)がん看護の向上と発展に著しい貢献のあった者。
    • 3)本学会の運営に著しく功績のあった者。
  2. 応募方法は以下のとおりとする。

選考

第5条
選考委員会は原則毎年9月に開催する。
  1. 選考基準は、「がん看護の向上と発展に著しい貢献のあった者」かつ「本学会の運営に著しく功績のあった者」とし、以下の選考指標を用いて合議により受賞候補者1名を選出する。
    • 1)理事・理事長としての貢献年数
    • 2)学術集会への貢献
    • 3)がん看護に関する表彰の受賞経験
    • 4)その他
  2. 委員長は委員会で選出された受賞候補者を理事会に提案する。

審査資料の保管

第6条
審査資料は2年間保管する。

改 廃

第7条
この細則の改廃は、選考委員会の議を経て表彰委員会が発議し、理事会の議によって決定する。

附 則

平成28年7月24日制定

ページの先頭へ