日本がん看護学会はたばこのない2020日本のプロジェクトに参加しています

SIG―日本がん看護学会特別関心活動グループ―

SIG主催の学習会のお知らせ

テーマグループ名:外来がん看護グループ

学習会のテーマ 外来でのがん患者・家族に対する在宅療養支援
学習会の内容 1.講義
1)外来通院が困難となり在宅療養へ移行されるがん患者と家族の意思決定支援について
2)在宅療養移行のために外来で実施すべき看護とは何か
2.グループワーク
1)在宅療養に向けて外来がん看護の担うべき支援と困難について意見交換
講師氏名・所属 藤井 真樹氏(学校法人聖マリアンナ医科大学 川崎市立多摩病院 家族支援専門看護師)
日時 2022年3月26日(土)13:00~15:00
場所 オンライン開催
※受付締切後に参加者へURLをご案内いたします
参加資格 一般社団法人日本がん看護学会会員
費用 無料
募集人数 ■グループメンバーの方
優先的に参加できますので、人数の上限はありません。
■グループメンバー以外の方
20名
受付は先着順になります。
申込先・申込方法 ■グループメンバーの方
以下の担当者にE-mailにてご連絡ください。
担当者:佐伯 香織
メールアドレス:
siggairai@gmail.com
■グループメンバー以外の方
以下の事項を記入し、学会事務局指定のメールアドレスsig-outpatient@jscn.or.jpにお申込みください。
①氏名(ふりがな)、②会員番号、③連絡先(電話番号およびEmail)
なお、連絡先のEmailは、info@jscn.or.jpからの受信が可能な設定をお願いします。
申込期限 2022年3月18日(金)17時
その他 ・学習会参加に伴う参加証明書や修了証の発行はできませんので、ご了承ください。
・申込者の方のみに当日のミーティングIDおよびパスワードをお知らせしますので第三者への公開や譲渡はしないでください。
当日の問い合わせ先 佐伯 香織 siggairai@gmail.com

テーマグループ名:がん精神看護グループ

学習会のテーマ がん患者とのコミュニケーション
学習会の内容 がん患者がその人らしく生きていけるよう支援することが看護師に求められています。そのためにはがん患者の気持ちや考えを知るためのコミュニケーションが不可欠です。
看護師と患者のコミュニケーションでは、場所、時間で始まり、日常の雑談などごく自然な会話をしています。この自然な会話には、看護師自身が何を感じ、考えたのかを言葉にして丁寧に返していくプロセス、すなわち双方向のキャッチボールの会話があります。この自然な会話によって患者の孤独感が軽減したり、現実的な問題があきらかになります。そして患者の自己洞察が深まるということが起こります。皆さんもこれまでこのようなコミュニケーションの効果を体験してきているのではないでしょうか。しかしあらためてふりかえる機会があまりなかったかもしれません。
がん精神看護グループは、自然なコミュニケーションつまり双方向(会話のキャッチボール)の会話に注目して年に数回ロールプレイを用いた会話練習を続けてきました。そして今後も続けていきたいと思っています。
日頃からがん患者と看護面談をやっている専門・認定看護師といった専門家ではないからと参加を控える方もいらっしゃるかもしれませんが、これは特別なスキルを学ぶものではありません。一般で看護をやっている看護師の皆さん、お気軽にご参加ください。
★ぜひいっしょに会話を楽しみ、人と人が会話することの意味を実感しませんか。
========================
オンライン開催では、これまでのように全員ペアになっての会話練習はできませんが、以下のようにして会話の効果を実感できるように工夫します。

1.講義:がん患者とのコミュニケーション
2.事例検討:がん患者とのコミュニケーションの事例ふりかえり
3.会話練習:事例ふりかえり後にあらためて会話練習
・『日本がん看護学会SIGがん精神看護編、がん患者に寄り添うコミュニケーション事例で学ぶ患者とのかかわりかた、がん看護増刊号,vol.26,No2,2021,南江堂』より2事例(参加申込者には事前に取り上げる事例をお知らせします)を取り上げます。
・事例提供者と患者役で会話します。参加者はオブザーバーになります。
・会話後に、会話がキャッチボールになっていたのか、感じたこと等事例提供者と患者役がそれぞれふりかえり、その後全員で双方向のコミュニケーション、その効果についてふりかえります。
講師氏名・所属 川名 典子氏(杏林大学大学院保健学研究科精神看護分野、元杏林大学医学部付属病院/精神看護専門看護師)
日時 2022年2月5日(土)13:00~16:00
場所 オンライン開催
※受付締切後に参加者へURLをご案内いたします
参加資格 一般社団法人日本がん看護学会会員
費用 無料
募集人数 ■グループメンバーの方
優先的に参加できますので、人数の上限はありません。
■グループメンバー以外の方
30名
受付は先着順になります。
申込先・申込方法 ■グループメンバーの方
以下の担当者にE-mailにてご連絡ください。
担当者:野村 優子
メールアドレス:
yukonomu2@gmail.com
■グループメンバー以外の方
以下の事項を記入し、学会事務局指定のメールアドレスsig-psycho@jscn.or.jpにお申込みください。
①氏名(ふりがな)、②会員番号、③連絡先(電話番号およびEmail)
なお、連絡先のEmailは、info@jscn.or.jpからの受信が可能な設定をお願いします。
申込期限 2022年1月24日(月)17時
その他 ・学習会参加に伴う参加証明書や修了証の発行はできませんので、ご了承ください。
・申込者の方のみに当日のミーティングIDおよびパスワードをお知らせしますので第三者への公開や譲渡はしないでください。
・事例紹介を行うオンライン学習会では、遵守事項についての誓約書を事前に提出していただきます。誓約書は、学習会を主催したグループより参加者に配付される書式を用いて、グループ代表者にメール添付で提出してください。メール添付が難しい場合は、誓約書書式に記されている代替方法で誓約を示してください。

※本学習会では、『日本がん看護学会SIGがん精神看護編、がん患者に寄り添うコミュニケーション事例で学ぶ患者とのかかわりかた、がん看護増刊号,vol.26,No2,2021,南江堂』を用います。各自ご準備の上、ご参加お願いします
当日の問い合わせ先 野村 優子 yukonomu2@gmail.com

テーマグループ名:リンパ浮腫ケアグループ

学習会のテーマ 第1部:リンパ浮腫の予防指導を効果的に行うための患者教育
第2部:コロナ禍におけるリンパ浮腫ケア
学習会の内容 第1部:リンパ浮腫指導管理料が保険収載されて10年余りが経過しましたが、リンパ浮腫の予防指導に苦手意識をもつ看護師は後を絶たない状況です。リンパ浮腫ケアグループでは、これまでにリンパ浮腫の予防指導のための患者用パンフレットと看護師向けのマニュアルの作成に取り組んできました。今回の学習会では、これらを活用してジェネラリストの看護師が効果的な患者教育を行うための方策について検討したいと思います。
第2部:COVID-19の影響により、リンパ浮腫の診療やケアが大きく変わってきたことと思います。第2部では、交流会形式で日々の診療やケアの現状や各施設で工夫していることなどを語り合いませんか。
講師氏名・所属 大西 ゆかり 氏(日本赤十字広島看護大学)
日時 2021年12月5日(日)13:30~16:30
場所 オンライン開催
※受付締切後に参加者へURLをご案内いたします
参加資格 一般社団法人日本がん看護学会会員
費用 無料
募集人数 ■グループメンバーの方
優先的に参加できますので、人数の上限はありません。
■グループメンバー以外の方
40名
受付は先着順になります。
申込先・申込方法 ■グループメンバーの方
以下の担当者にE-mailにてご連絡ください。
担当者:大西 ゆかり
メールアドレス:
yo11187@jrchcn.ac.jp
■グループメンバー以外の方
以下の事項を記入し、学会事務局指定のメールアドレスsig-lymph@jscn.or.jpにお申込みください。
①氏名(ふりがな)、②会員番号、③連絡先(電話番号およびEmail)
なお、連絡先のEmailは、info@jscn.or.jpからの受信が可能な設定をお願いします。
申込期限 2021年11月26日(金)17時
その他 ・学習会参加に伴う参加証明書や修了証の発行はできませんので、ご了承ください。
・申込者の方のみに当日のミーティングI Dおよびパスワードをお知らせしますので第三者への公開や譲渡はしないでください。
当日の問い合わせ先 保坂 ルミ hosakaru@fmu.ac.jp

テーマグループ名:スキンケアグループ

学習会のテーマ 在宅療養における乳がん患者の自壊創ケア
学習会の内容 ・在宅療養を支える訪問看護師の立場から病院にのぞむ連携の在り方
・訪問看護の実際
・訪問看護・病院看護との連携事例を通して、活用できる制度や調整の実際
・在宅療養における自壊創の局所管理の継続等様々な事例を通して検討する
この学習会を通して自壊創を持つ患者が安心して在宅療養できる支援への課題解決の糸口となるようにディスカッションしたいと思います。参加お待ちしています。
講師氏名・所属 平原 優美 氏(あすか山訪問看護ステーション)
森岡 直子 氏(静岡県立静岡がんセンター)
伊藤 麻紀 氏(日本赤十字社医療センター)
日時 2021年12月18日(土)13:30~16:00
場所 オンライン開催
※受付締切後に参加者へURLをご案内いたします
参加資格 一般社団法人日本がん看護学会会員
費用 無料
募集人数 ■グループメンバーの方
優先的に参加できますので、人数の上限はありません。
■グループメンバー以外の方
15名
受付は先着順になります。
申込先・申込方法 ■グループメンバーの方
以下の担当者にE-mailにてご連絡ください。
担当者:山本 佳子
メールアドレス:
keiko@marble.ocn.ne.jp
■グループメンバー以外の方
以下の事項を記入し、学会事務局指定のメールアドレスsig-skin@jscn.or.jpにお申込みください。
①氏名(ふりがな)、②会員番号、③連絡先(電話番号およびEmail)
なお、連絡先のEmailは、info@jscn.or.jpからの受信が可能な設定をお願いします。
申込期限 2021年12月8日(水)17時
その他 ・学習会参加に伴う参加証明書や修了証の発行はできませんので、ご了承ください。
・申込者の方のみに当日のミーティングI Dおよびパスワードをお知らせしますので第三者への公開や譲渡はしないでください。
・事例検討を行うオンライン学習会では、遵守事項についての誓約書を事前に提出していただきます。誓約書は、学習会を主催したグループより参加者に配付される書式を用いて、グループ代表者にメール添付で提出してください。メール添付が難しい場合は、誓約書書式に記されている代替方法で誓約を示してください。
当日の問い合わせ先 山本 佳子 keikoshnbn@gmail.com