SIG ―日本がん看護学会特別関心活動グループ―

SIG主催の学習会のお知らせ

テーマグループ名:リンパ浮腫ケアグループ
学習会のテーマ 蛍光リンパ管造影検査結果の保存的治療への活用
学習会の内容 セラピスト養成研修では、リンパ浮腫の患者に対する医療徒手リンパドレナージを実施する時に、健康なリンパ節に向けてうっ滞したリンパ液を誘導することが適切であると学んできました。また、患肢に過剰にたまっている組織間液やリンパ液を「赤ちゃんの頭をなでる程度の圧」で、柔らかい刺激のマッサージを行うことによって、健康なリンパ節に誘導することが重要であると共通認識していたと思います。
須網先生らによる研究成果では、これまでの常識をくつがえすような結果が目に見える形で示されました。今回の学習会では、須網先生が蛍光リンパ管造影検査結果をもとに明らかにされた、リンパ節郭清後のリンパの流れを可視化した研究成果をお示しいただき、臨床実践でどのように活用したらエビデンスに基づいたリンパドレナージの実施につながるかをご講演いただきます。
これまで信じて疑わなかったリンパ連絡路を介したリンパドレナージの治療計画を見直し、最新の知見を学びませんか。
講師氏名・所属 須網 博夫氏(MACQUARIE University)
日時 2021年4月17日(土)13:30~15:00
場所 オンライン開催
※受付締切後に参加者へURLをご案内いたします
参加資格 一般社団法人日本がん看護学会会員
費用 無料
募集人数 40名(SIGリンパ浮腫ケアグループメンバー以外の方)
受付は先着順になります。
申込方法 以下の事項を記入し、指定のメールアドレスにお申込みください。
E-mailでお申し込みください。
①氏名(ふりがな)、②会員番号、③連絡先(電話番号またはEmail)
なお、連絡先のEmailは、info@jscn.or.jpからの受信が可能な設定をお願いします。
申込先 ①グループメンバーの方
優先的に参加できますので、グループ内の担当者まで直接ご連絡ください。
②グループメンバー以外の方
以下の指定のメールアドレスにお申込みください。
sig-lymph@jscn.or.jp
申込期限 2021年4月12日(月)17時
その他 ・学習会参加に伴う参加証明書の発行はできませんので、ご了承ください。
・申込者の方のみに当日のミーティングIDおよびパスワードをお知らせしますので第三者への公開や譲渡はしないでください。
問い合わせ先 保坂 ルミ hosakaru@fmu.ac.jp
テーマグループ名:遺伝がん看護グループ
学習会のテーマ がん遺伝子パネル検査保険収載からの2年を振り返る
学習会の内容 がん遺伝子パネル検査が2019年に保険収載されてから、2年が経過しました。がんゲノム医療専門の診療科で関わる看護職、がんの診療科で関わる看護職、そしてがん遺伝子パネル検査の検査から解釈まで行う医師、様々な視点から「がん遺伝子パネル検査を受ける患者に必要な看護」を検討したいと思います。
講師氏名・所属 田辺 真彦氏(東京大学医学部附属病院 乳腺・内分泌外科 科長)
竹内 抄與子氏(がん研究会有明病院 看護部 がん看護専門看護師)
御手洗 幸子氏(NTT東日本関東病院 看護部 遺伝看護専門看護師)
日時 2021年1月30日(土)10:00~12:00
場所 オンライン開催
※受付締切後に参加者へURLをご案内いたします
参加資格 一般社団法人日本がん看護学会会員
費用 無料
募集人数 60名(SIG遺伝がん看護グループメンバー以外の方)
受付は先着順になります。
申込方法 以下の事項を記入し、指定のメールアドレスにお申込みください。
E-mailでお申し込みください。
①氏名(ふりがな)、②会員番号、③連絡先(電話番号またはEmail)
なお、連絡先のEmailは、info@jscn.or.jpからの受信が可能な設定をお願いします。
申込先 ①グループメンバーの方
優先的に参加できますので、グループ内の担当者大川まで直接ご連絡ください。
②グループメンバー以外の方
以下の指定のメールアドレスにお申込みください。
sig-genetic@jscn.or.jp
申込期限 2021年1月22日(金)17時
その他 ・学習会参加に伴う参加証明書の発行はできませんので、ご了承ください。
・申込者の方のみに当日のミーティングIDおよびパスワードをお知らせしますので第三者への公開や譲渡はしないでください。
問い合わせ先 大川 恵 onmegu@luke.ac.jp
蓮岡 佳代子 pse68vtv@s.okayama-u.ac.jp

終了した学習会一覧へ

ページの先頭へ