日本がん看護学会はたばこのない2020日本のプロジェクトに参加しています

SIG―日本がん看護学会特別関心活動グループ―

SIG主催の学習会のお知らせ

テーマグループ名:治験・臨床研究看護グループ

学習会のテーマ 新型コロナウイルス感染症治療薬の臨床試験の実施
学習会の内容 パンデミック下での新型コロナウイルス感染症に対する医薬品の臨床試験の実施における、臨床研究コーディネーターと臨床看護師の連携の実際を学習する
講師氏名・所属 小川 亜希 氏(青梅市立総合病院)
日時 2021年11月27日(土)13:00~14:30
場所 オンライン開催
※受付締切後に参加者へURLをご案内いたします
参加資格 一般社団法人日本がん看護学会会員
費用 無料
募集人数 ■グループメンバーの方
優先的に参加できますので、人数の上限はありません。
■グループメンバー以外の方
10名
受付は先着順になります。
申込先・申込方法 ■グループメンバーの方
以下の担当者にE-mailにてご連絡ください。
担当者:中濱 洋子
メールアドレス:
hnakaham@ncc.go.jp
■グループメンバー以外の方
以下の事項を記入し、学会事務局指定のメールアドレスsig-research@jscn.or.jpにお申込みください。
①氏名(ふりがな)、②会員番号、③連絡先(電話番号およびEmail)
なお、連絡先のEmailは、info@jscn.or.jpからの受信が可能な設定をお願いします。
申込期限 2021年11月19日(金)17時
その他 ・学習会参加に伴う参加証明書や修了証の発行はできませんので、ご了承ください。
・申込者の方のみに当日のミーティングIDおよびパスワードをお知らせしますので第三者への公開や譲渡はしないでください。
当日の問い合わせ先 福島 芳子 yoshifu0508@gmail.com

テーマグループ名:肺がん看護グループ

学習会のテーマ 肺がん薬物療法と免疫療法の動向とその方向性-2021
学習会の内容 肺がん薬物療法はますます発展を続けています。そこで、肺がん看護SIGでは、今あらためて、薬物療法と免疫治療に関する知識を得て今日の肺がん治療とその方向性を理解するための学習会を企画いたしました。肺がん患者看護に携わる看護師が、今日の薬物療法を受け延命する肺がん患者の治療継続とQOL低下を招かないケアについて備えるため、参加者の皆さんのさまざまな疑問や困りごとについて意見交換できる学習機会とすることにしました。
講師氏名・所属 榊原 純氏(北海道大学病院 呼吸器内科 講師)
日時 2021年11月23日(火・祝)13:00~14:00
場所 オンライン開催
※受付締切後に参加者へURLをご案内いたします
参加資格 一般社団法人日本がん看護学会会員
費用 無料
募集人数 ■グループメンバーの方
優先的に参加できますので、人数の上限はありません。
■グループメンバー以外の方
20名
受付は先着順になります。
申込先・申込方法 ■グループメンバーの方
以下の担当者にE-mailにてご連絡ください。
担当者:濵田 珠美
メールアドレス:
thamada@asahikawa-med.ac.jp
■グループメンバー以外の方
以下の事項を記入し、学会事務局指定のメールアドレスsig-lung@jscn.or.jpにお申込みください。
①氏名(ふりがな)、②会員番号、③連絡先(電話番号およびEmail)
なお、連絡先のEmailは、info@jscn.or.jpからの受信が可能な設定をお願いします。
申込期限 2021年11月16日(火)17時
その他 ・学習会参加に伴う参加証明書や修了証の発行はできませんので、ご了承ください。
・申込者の方のみに当日のミーティングIDおよびパスワードをお知らせしますので第三者への公開や譲渡はしないでください。
当日の問い合わせ先 石川 洋子 hiroff@asahikawa-med.ac.jp

テーマグループ名:がん看護専門看護師グループ

学習会のテーマ 議論が苦手な人も楽しめる!院内研修のつくりかた
学習会の内容 オンラインホワイトボード・miro®を使い、議論が苦手な人も楽しく参加できる院内研修の設計方法について学びます。
講師氏名・所属 小椋 賢治氏(石川県立大学)
日時 2021年11月27日(土)13:00~15:00
場所 オンライン開催
※受付締切後に参加者へURLをご案内いたします
参加資格 一般社団法人日本がん看護学会会員
費用 無料
募集人数 ■グループメンバーの方
優先的に参加できますので、人数の上限はありません。
■グループメンバー以外の方
5名
受付は先着順になります。
申込先・申込方法 ■グループメンバーの方
以下の担当者にE-mailにてご連絡ください。
担当者:糸川 紅子
メールアドレス:
itokawa@rcakita.ac.jp
■グループメンバー以外の方
以下の事項を記入し、学会事務局指定のメールアドレスsig-ocns@jscn.or.jpにお申込みください。
①氏名(ふりがな)、②会員番号、③連絡先(電話番号およびEmail)
なお、連絡先のEmailは、info@jscn.or.jpからの受信が可能な設定をお願いします。
申込期限 2021年11月19日(金)17時
その他 ・学習会参加に伴う参加証明書や修了証の発行はできませんので、ご了承ください。
・申込者の方のみに当日のミーティングIDおよびパスワードをお知らせしますので第三者への公開や譲渡はしないでください。

※当日はオンラインホワイトボード・miro®へアクセスするところから体験していただきます。ダウンロードやアカウント取得などの準備は不要です。パソコンでのご参加をお勧めします。
当日の問い合わせ先 糸川 紅子(日本赤十字秋田看護大学) itokawa@rcakita.ac.jp
018-829-4331(直通)

テーマグループ名:小児・AYA世代がん看護グループ

学習会のテーマ AYA世代の妊孕性にかかわる多様な「性」と価値観を考えよう
学習会の内容 アイデンティティの揺らぎや将来の不確かさを抱えながら、がんと共に生きるAYA世代。彼ら彼女らの「性」について一緒に考えてみませんか?
本学習会では、生物学的な性(sex)や社会文化的な性(gender)の観点から、セクシュアリティ(sexuality)を多面的に捉え、AYA世代のセクシュアリティへの学びを深めたいと思います。
妊孕性の問題を考える前提としてある、AYA世代がん患者の多様な価値観や生き方について、女性/男性としてがんと共に生きるということに、看護師としてはどのように関われるのでしょうか。この大きなテーマに関して、みなさまとディスカッションしたいと思います。
講師氏名・所属 ■話題提供者
加藤 由香 氏(静岡県立こども病院)
桶作 梢 氏(石川県立看護大学看護学部)
高根 秀成 氏(東北福祉大学健康科学部 保健看護学科)
日時 2021年11月29日(月)18:30~19:30
場所 オンライン開催
※受付締切後に参加者へURLをご案内いたします
参加資格 一般社団法人日本がん看護学会会員
費用 無料
募集人数 ■グループメンバーの方
優先的に参加できますので、人数の上限はありません。
■グループメンバー以外の方
50名
受付は先着順になります。
申込先・申込方法 ■グループメンバーの方
以下の担当者にE-mailにてご連絡ください。
担当者:津村 明美
メールアドレス:
a.tsumura@ykh.jp
■グループメンバー以外の方
以下の事項を記入し、学会事務局指定のメールアドレスsig-pediatric@jscn.or.jpにお申込みください。
①氏名(ふりがな)、②会員番号、③連絡先(電話番号およびEmail)
なお、連絡先のEmailは、info@jscn.or.jpからの受信が可能な設定をお願いします。
申込期限 2021年11月12日(金)17時
その他 ・学習会参加に伴う参加証明書や修了証の発行はできませんので、ご了承ください。
・申込者の方のみに当日のミーティングIDおよびパスワードをお知らせしますので第三者への公開や譲渡はしないでください。
当日の問い合わせ先 津村 明美 a.tsumura@ykh.jp

テーマグループ名:ホスピスケアグループ

学習会のテーマ コロナ禍におけるエンド・オブ・ライフ・ケアを考える
~明日からできる意思決定支援~
学習会の内容 新型コロナウイルスの感染拡大で医療提供体制が大きく変化しました。感染予防により病院や施設は面会制限を余儀なくされ、終末期のがん患者・家族も思うように家族や友人と会えない状況にあります。また、在宅療養をされている場合も、県外の家族や友人に会うことを控え、在宅サービス利用の制限されるなかで療養をされている方もいます。そのなかで、患者・家族は治療や療養先の選択などの意思決定をしています。その状況下で関わる看護師も、様々な苦悩やジレンマを抱えながら意思決定支援や看取りケアをしています。
しかし、コロナ禍で医療やケアが大きく変化したことで、新たなケアの工夫や発見や学びも多くありました。
今回、3人の講師をお迎えしてコロナ禍におけるエンド・オブ・ライフ・ケアを考え、現状からの学びを明日からの意思決定支援につなげられるよう学習会を企画しました。
講師氏名・所属 石垣 靖子 氏 北海道医療大学名誉教授
清水 哲郎 氏 岩手保健医療大学 臨床倫理研究センター センター長
会田 薫子 氏 東京大学大学院人文社会系研究科死生学・応用倫理センター 上廣講座 特任教授
日時 2021年11月13日(土)13:30~17:00(13:00受付開始)
場所 オンライン開催
※受付締切後に参加者へURLをご案内いたします
参加資格 一般社団法人日本がん看護学会会員
費用 無料
募集人数 ■グループメンバーの方
優先的に参加できますので、人数の上限はありません。
■グループメンバー以外の方
60名
受付は先着順になります。
申込先・申込方法 ■グループメンバーの方
以下の担当者にE-mailにてご連絡ください。
担当者:高屋敷 麻理子
メールアドレス:
hospice.care.com@gmail.com
■グループメンバー以外の方
以下の事項を記入し、学会事務局指定のメールアドレスsig-hospice@jscn.or.jpにお申込みください。
①氏名(ふりがな)、②会員番号、③連絡先(電話番号およびEmail)
なお、連絡先のEmailは、info@jscn.or.jpからの受信が可能な設定をお願いします。
申込期限 2021年11月5日(金)17時
その他 ・学習会参加に伴う参加証明書や修了証の発行はできませんので、ご了承ください。
・申込者の方のみに当日のミーティングIDおよびパスワードをお知らせしますので第三者への公開や譲渡はしないでください。
当日の問い合わせ先 中野 公美 aokumi308@yahoo.co.jp

テーマグループ名:スピリチュアルケアグループ

学習会のテーマ せん妄が疑われるがん患者のスピリチュアペインに気づこう!
~会話記録による事例検討会①~
学習会の内容 1)せん妄患者の苦しみの体験とは。
2)その苦しみはスピリチュアルペインか。
3)せん妄患者へのスピリチュアルケアとは何をどうすることなのか。
講師氏名・所属 長久 栄子 氏(真生会富山病院)
疇地 和代 氏(わそら街なかナースステーション)
古山 めぐみ 氏(セラピラシス株式会社)
小泉 はるか 氏(日本医科大学千葉北総病院)
平田 貴和子 氏(日本医科大学千葉北総病院)
吉田 恵理子 氏(長崎県立大学)
日時 2021年11月21日(日)10:30~12:30
場所 オンライン開催
※受付締切後に参加者へURLをご案内いたします
参加資格 一般社団法人日本がん看護学会会員
費用 無料
募集人数 ■グループメンバーの方
優先的に参加できますので、人数の上限はありません。
■グループメンバー以外の方
10名
受付は先着順になります。

定員に達しました。
申込先・申込方法 ■グループメンバーの方
以下の担当者にE-mailにてご連絡ください。
担当者:古山 めぐみ
メールアドレス:
koyama310324m@gmail.com
■グループメンバー以外の方
以下の事項を記入し、学会事務局指定のメールアドレスsig-spiritual@jscn.or.jpにお申込みください。
①氏名(ふりがな)、②会員番号、③連絡先(電話番号およびEmail)
なお、連絡先のEmailは、info@jscn.or.jpからの受信が可能な設定をお願いします。
申込期限 2021年11月8日(月)17時
その他 ・学習会参加に伴う参加証明書や修了証の発行はできませんので、ご了承ください。
・申込者の方のみに当日のミーティングIDおよびパスワードをお知らせしますので第三者への公開や譲渡はしないでください。
・事例検討を行うオンライン学習会では、遵守事項についての誓約書を事前に提出していただきます。誓約書は、学習会を主催したグループより参加者に配付される書式を用いて、グループ代表者にメール添付で提出してください。メール添付が難しい場合は、誓約書書式に記されている代替方法で誓約を示してください。
当日の問い合わせ先 古山 めぐみ koyama310324m@gmail.com

テーマグループ名:乳がん看護グループ

学習会のテーマ 乳がん看護を語ろう!学ぼう!深めあおう!
学習会の内容 臨床で働きながら看護論文を読む機会は少ないと思います。今回、乳がん看護に関する論文にふれる場を企画しました。皆で看護論文を読み、看護実践の中で困難に感じていることを共有し、看護論文を看護実践にどのように生かすかをディスカッションしましょう。
講師氏名・所属 戸畑 利香氏(社会医療法人博愛会 相良病院)
熊谷 敦世氏(医療法人英仁会 大阪ブレストクリニック)
田中 敦子氏(公益財団法人田附興風会医学研究所 北野病院)
日時 2021年11月28日(日)10:00~12:00
場所 オンライン開催
※受付締切後に参加者へURLをご案内いたします
参加資格 一般社団法人日本がん看護学会会員
費用 無料
募集人数 ■グループメンバーの方
優先的に参加できますので、人数の上限はありません。
■グループメンバー以外の方
30名
受付は先着順になります。
申込先・申込方法 ■グループメンバーの方
以下の担当者にE-mailにてご連絡ください。
担当者:井関 千裕
メールアドレス:
chihiro-i@cap.ocn.ne.jp
■グループメンバー以外の方
以下の事項を記入し、学会事務局指定のメールアドレスsig-breast@jscn.or.jpにお申込みください。
①氏名(ふりがな)、②会員番号、③連絡先(電話番号およびEmail)
なお、連絡先のEmailは、info@jscn.or.jpからの受信が可能な設定をお願いします。
申込期限 2021年11月19日(金)17時
その他 ・学習会参加に伴う参加証明書や修了証の発行はできませんので、ご了承ください。
・申込者の方のみに当日のミーティングI Dおよびパスワードをお知らせしますので第三者への公開や譲渡はしないでください。
当日の問い合わせ先 井関 千裕 chihiro-i@cap.ocn.ne.jp

テーマグループ名:遺伝がん看護グループ

学習会のテーマ 【アドバンス編】:PRAP阻害剤適応のための遺伝子検査
=臨床での現状や課題=
学習会の内容 日本では2018年4月に“白金系抗悪性腫瘍剤感受性の再発卵巣癌における維持療法”として、初のPARP阻害薬であるオラパリブ(リムパーザ®)が承認され、同年7月には“がん化学療法歴のあるgBRCA1/2遺伝子変異陽性かつHER2陰性の手術不能または再発乳癌”にも適応された。さらに、2020年12月には“相同組換え修復欠損を有する卵巣がんに対する一次治療後の維持療法”“BRCA1/2遺伝子変異を有する転移性去勢抵抗性前立腺がん”“gBRCA1/2遺伝子変異を有する治癒切除不能な膵がん”の3つに適応拡大された。そのため、がん治療に関わる医療者は、異なる疾患や適応時期、検査方法を適切に情報提供し意思決定支援をすることを求められる。今回は、PRAP阻害剤適応における特徴や抑えておくべきことを整理し日常診療における看護ケアにつなげていくための学習会とする。
講師氏名・所属 赤木 究 氏
埼玉県立がんセンター 腫瘍診断・予防科(がんゲノム・臨床遺伝)
日時 2021年11月27日(土)13:00~15:00
場所 オンライン開催
※受付締切後に参加者へURLをご案内いたします
参加資格 一般社団法人日本がん看護学会会員
費用 無料
募集人数 ■グループメンバーの方
優先的に参加できますので、人数の上限はありません。
■グループメンバー以外の方
80名
受付は先着順になります。
申込先・申込方法 ■グループメンバーの方
以下の担当者にE-mailにてご連絡ください。
担当者:今井 芳枝
メールアドレス:
imai@tokushima-u.ac.jp
■グループメンバー以外の方
以下の事項を記入し、学会事務局指定のメールアドレスsig-genetic@jscn.or.jpにお申込みください。
①氏名(ふりがな)、②会員番号、③連絡先(電話番号およびEmail)
なお、連絡先のEmailは、info@jscn.or.jpからの受信が可能な設定をお願いします。
申込期限 2021年11月12日(金)17時
その他 ・学習会参加に伴う参加証明書や修了証の発行はできませんので、ご了承ください。
・申込者の方のみに当日のミーティングI Dおよびパスワードをお知らせしますので第三者への公開や譲渡はしないでください。
当日の問い合わせ先 今井 芳枝 imai@tokushima-u.ac.jp

テーマグループ名:リンパ浮腫ケアグループ

学習会のテーマ 第1部:リンパ浮腫の予防指導を効果的に行うための患者教育
第2部:コロナ禍におけるリンパ浮腫ケア
学習会の内容 第1部:リンパ浮腫指導管理料が保険収載されて10年余りが経過しましたが、リンパ浮腫の予防指導に苦手意識をもつ看護師は後を絶たない状況です。リンパ浮腫ケアグループでは、これまでにリンパ浮腫の予防指導のための患者用パンフレットと看護師向けのマニュアルの作成に取り組んできました。今回の学習会では、これらを活用してジェネラリストの看護師が効果的な患者教育を行うための方策について検討したいと思います。
第2部:COVID-19の影響により、リンパ浮腫の診療やケアが大きく変わってきたことと思います。第2部では、交流会形式で日々の診療やケアの現状や各施設で工夫していることなどを語り合いませんか。
講師氏名・所属 大西 ゆかり 氏(日本赤十字広島看護大学)
日時 2021年12月5日(日)13:30~16:30
場所 オンライン開催
※受付締切後に参加者へURLをご案内いたします
参加資格 一般社団法人日本がん看護学会会員
費用 無料
募集人数 ■グループメンバーの方
優先的に参加できますので、人数の上限はありません。
■グループメンバー以外の方
40名
受付は先着順になります。
申込先・申込方法 ■グループメンバーの方
以下の担当者にE-mailにてご連絡ください。
担当者:大西 ゆかり
メールアドレス:
yo11187@jrchcn.ac.jp
■グループメンバー以外の方
以下の事項を記入し、学会事務局指定のメールアドレスsig-lymph@jscn.or.jpにお申込みください。
①氏名(ふりがな)、②会員番号、③連絡先(電話番号およびEmail)
なお、連絡先のEmailは、info@jscn.or.jpからの受信が可能な設定をお願いします。
申込期限 2021年11月26日(金)17時
その他 ・学習会参加に伴う参加証明書や修了証の発行はできませんので、ご了承ください。
・申込者の方のみに当日のミーティングI Dおよびパスワードをお知らせしますので第三者への公開や譲渡はしないでください。
当日の問い合わせ先 保坂 ルミ hosakaru@fmu.ac.jp

テーマグループ名:スキンケアグループ

学習会のテーマ 在宅療養における乳がん患者の自壊創ケア
学習会の内容 ・在宅療養を支える訪問看護師の立場から病院にのぞむ連携の在り方
・訪問看護の実際
・訪問看護・病院看護との連携事例を通して、活用できる制度や調整の実際
・在宅療養における自壊創の局所管理の継続等様々な事例を通して検討する
この学習会を通して自壊創を持つ患者が安心して在宅療養できる支援への課題解決の糸口となるようにディスカッションしたいと思います。参加お待ちしています。
講師氏名・所属 平原 優美 氏(あすか山訪問看護ステーション)
森岡 直子 氏(静岡県立静岡がんセンター)
伊藤 麻紀 氏(日本赤十字社医療センター)
日時 2021年12月18日(土)13:30~16:00
場所 オンライン開催
※受付締切後に参加者へURLをご案内いたします
参加資格 一般社団法人日本がん看護学会会員
費用 無料
募集人数 ■グループメンバーの方
優先的に参加できますので、人数の上限はありません。
■グループメンバー以外の方
15名
受付は先着順になります。
申込先・申込方法 ■グループメンバーの方
以下の担当者にE-mailにてご連絡ください。
担当者:山本 佳子
メールアドレス:
keiko@marble.ocn.ne.jp
■グループメンバー以外の方
以下の事項を記入し、学会事務局指定のメールアドレスsig-skin@jscn.or.jpにお申込みください。
①氏名(ふりがな)、②会員番号、③連絡先(電話番号およびEmail)
なお、連絡先のEmailは、info@jscn.or.jpからの受信が可能な設定をお願いします。
申込期限 2021年12月8日(水)17時
その他 ・学習会参加に伴う参加証明書や修了証の発行はできませんので、ご了承ください。
・申込者の方のみに当日のミーティングI Dおよびパスワードをお知らせしますので第三者への公開や譲渡はしないでください。
・事例検討を行うオンライン学習会では、遵守事項についての誓約書を事前に提出していただきます。誓約書は、学習会を主催したグループより参加者に配付される書式を用いて、グループ代表者にメール添付で提出してください。メール添付が難しい場合は、誓約書書式に記されている代替方法で誓約を示してください。
当日の問い合わせ先 山本 佳子 keikoshnbn@gmail.com

テーマグループ名:がん放射線療法看護グループ

学習会のテーマ 小児の放射線治療
学習会の内容 小児がんは、小児期に罹患する悪性疾患の総称で、多くの疾患が含まれており、それぞれの疾患は希少がんである。また、小児がん治療を実施する施設も偏りがある。そのため、子どもへの放射線治療の看護を経験する看護師は少ないという実情がある。しかし、成長・発達の途中である子どもだからこそ、看護師が担う役割は大きい。
小児の放射線治療は骨や脳などへの晩期の有害事象への懸念から近年は化学療法が優先される傾向にあるものの、一部の疾患においては未だ有効な治療方法の一つである。また、限局性の固形悪性腫瘍の子どもに対する陽子線治療が2016年から診療報酬に収載されている。
そこで今回、小児への放射線治療についての勉強会を企画した。放射線治療医からは小児の放射線治療の実際を、小児看護専門看護師から治療の意思決定や発達段階に応じた放射線治療の看護について講義をいただく。
講師氏名・所属 副島 俊典 氏(兵庫県立粒子線医療センター附属神戸陽子線センター センター長)
中谷 扶美 氏(兵庫県立こども病院 小児看護専門看護師)
日時 2021年10月30日(土)10:00~11:30
場所 オンライン開催
※受付締切後に参加者へURLをご案内いたします
参加資格 一般社団法人日本がん看護学会会員
費用 無料
募集人数 15名(SIGがん放射線療法看護グループメンバー以外の方)
受付は先着順になります。
申込方法 以下の事項を記入し、指定のメールアドレスにお申込みください。
E-mailでお申し込みください。
①氏名(ふりがな)、②会員番号、③連絡先(電話番号またはEmail)
なお、連絡先のEmailは、info@jscn.or.jpからの受信が可能な設定をお願いします。
申込先 ①グループメンバーの方
優先的に参加できますので、グループ内の担当者まで直接ご連絡ください。
②グループメンバー以外の方
以下の指定のメールアドレスにお申込みください。
sig-radiation@jscn.or.jp
申込期限 2021年10月20日(水)17時
その他 ・学習会参加に伴う参加証明書の発行はできませんので、ご了承ください。
・申込者の方のみに当日のミーティングIDおよびパスワードをお知らせしますので第三者への公開や譲渡はしないでください。
当日の問い合わせ先 後藤 志保 s.goto@jfcr.or.jp

テーマグループ名:がん性疼痛看護グループ

学習会のテーマ がん疼痛のある通院患者への看護介入
学習会の内容 外来でオピオイド鎮痛薬を初回処方される機会が増えており、通院患者のがん疼痛看護の充実が求められています。学習会では「通院患者のがん疼痛セルフマネジメントを促進する看護介入プログラム」の開発過程を紹介し、通院患者へのがん疼痛看護について考える機会とします。事例検討会や参加者間の意見交換会も行います。是非ご参加ください。
講師氏名・所属 第1部:通院患者のがん疼痛セルフマネジメントを促進する看護介入
    講師;山中 政子氏(グループコアメンバー)
第2部:事例検討会(架空事例)
    ファシリテーター;グループコアメンバー
第3部:がん疼痛看護の現状と課題について意見交換会
    ファシリテーター;グループコアメンバー
日時 2021年11月7日(日)10:00~12:00
場所 オンライン開催
※受付締切後に参加者へURLをご案内いたします
参加資格 一般社団法人日本がん看護学会会員
費用 無料
募集人数 30名(SIGがん性疼痛看護グループメンバー以外の方)
受付は先着順になります。
申込方法 以下の事項を記入し、指定のメールアドレスにお申込みください。
E-mailでお申し込みください。
①氏名(ふりがな)、②会員番号、③連絡先(電話番号またはEmail)
なお、連絡先のEmailは、info@jscn.or.jpからの受信が可能な設定をお願いします。
申込先 ①グループメンバーの方
優先的に参加できますので、グループ内の担当者まで直接ご連絡ください。
②グループメンバー以外の方
以下の指定のメールアドレスにお申込みください。
sig-pain@jscn.or.jp
申込期限 2021年11月1日(月)17時
その他 ・学習会参加に伴う参加証明書の発行はできませんので、ご了承ください。
・申込者の方のみに当日のミーティングIDおよびパスワードをお知らせしますので第三者への公開や譲渡はしないでください。
当日の問い合わせ先 山中 政子 m.yamanaka@tenriyorozu-u.ac.jp

テーマグループ名:外来がん看護グループ

学習会のテーマ 在宅支援や外来がん看護に活かすCOVID-19に関する感染症看護
学習会の内容 COVID-19の蔓延は、私たちの生活やこれまでの医療や看護を脅かし続けています。ワクチン接種による治療中断や感染を恐れて外来通院を控えるがん患者、がん治療を選択せずに一度も入院することなく在宅で過ごすがん患者や家族を目の当たりにし、外来がん看護に従事する者がCOVID-19に関する正しい知識を備え、その人らしい意思決定ができるように支援することが求められていると日々感じております。今回は、感染症看護の観点からCOVID-19に関する知識を学び、外来がん看護と在宅支援に関する疑問や不安を少しでも払拭しましょう。
講師氏名・所属 加藤 麻樹子氏
(株式会社ピュア・ハート訪問看護ステーション【青い空】 がん看護専門看護師)
土田 陽子氏
(国家公務員共済組合連合会横浜南共済病院 感染症看護専門看護師・感染管理認定看護師)
日時 2021年10月23日(土)13:00~15:00
場所 オンライン開催
※受付締切後に参加者へURLをご案内いたします
参加資格 一般社団法人日本がん看護学会会員
費用 無料
募集人数 50名(SIG外来がん看護グループメンバー以外の方)
受付は先着順になります。
申込方法 以下の事項を記入し、指定のメールアドレスにお申込みください。
E-mailでお申し込みください。
①氏名(ふりがな)、②会員番号、③連絡先(電話番号またはEmail)
なお、連絡先のEmailは、info@jscn.or.jpからの受信が可能な設定をお願いします。
申込先 ①グループメンバーの方
優先的に参加できますので、グループ内の担当者まで直接ご連絡ください。
②グループメンバー以外の方
以下の指定のメールアドレスにお申込みください。
sig-outpatient@jscn.or.jp
申込期限 2021年10月15日(金)17時
その他 ・学習会参加に伴う参加証明書の発行はできませんので、ご了承ください。
・申込者の方のみに当日のミーティングIDおよびパスワードをお知らせしますので第三者への公開や譲渡はしないでください。
当日の問い合わせ先 佐伯 香織(国家公務員共済組合連合会横浜栄共済病院)
siggairai@gmail.com

テーマグループ名:災害がん看護グループ

学習会のテーマ 語り合おう!コロナ禍におけるがん看護
学習会の内容 講義:コロナ禍におけるがん患者・家族と、医療者に生じる影響
グループ・ディスカッション:コロナ禍におけるがん患者・家族のケアに関する悩みなど、臨床場面で感じていることを語り合う
講師氏名・所属 加藤 郁子氏(福島県立医科大学 精神看護専門看護師)
日時 2021年10月30日(土)13:00~15:00
場所 オンライン開催
※受付締切後に参加者へURLをご案内いたします
参加資格 一般社団法人日本がん看護学会会員
費用 無料
募集人数 30名(SIG災害がん看護グループメンバー以外の方)
受付は先着順になります。
申込方法 以下の事項を記入し、指定のメールアドレスにお申込みください。
E-mailでお申し込みください。
①氏名(ふりがな)、②会員番号、③連絡先(電話番号またはEmail)
なお、連絡先のEmailは、info@jscn.or.jpからの受信が可能な設定をお願いします。
申込先 ①グループメンバーの方
優先的に参加できますので、グループ内の担当者まで直接ご連絡ください。
②グループメンバー以外の方
以下の指定のメールアドレスにお申込みください。
sig-disaster@jscn.or.jp
申込期限 2021年10月15日(金)17時
※グループ編成の準備のため、2週間前を申込期限とさせていただきます。
その他 ・学習会参加に伴う参加証明書の発行はできませんので、ご了承ください。
・申込者の方のみに当日のミーティングIDおよびパスワードをお知らせしますので第三者への公開や譲渡はしないでください。
当日の問い合わせ先 菅野 久美 kankumi@fmu.ac.jp