SIG ―日本がん看護学会特別関心活動グループ―

SIG主催の学習会のお知らせ

テーマグループ名:がん性疼痛看護グループ
学習会のテーマ 医療用麻薬の適正使用
~ケミカルコーピング(精神的依存)の予防と全人的苦痛の緩和~
学習会の内容 オピオイドのケミカルコーピング(精神的依存)という聞きなれない言葉が最近緩和ケア領域で聞かれるようになっています。ケミカルコーピングの背景には精神的苦痛やスピリチュアルペインによる苦痛が緩和されていないことも考えられます。今回は、ケミカルコーピングとは何か学習し、がん患者さんの全人的苦痛の緩和へのケアを事例検討会で話し合いたいと思います。
Ⅰ.講義
 1.ケミカルコーピングの予防と早期発見
 2.がんの痛みとスピリチュアルペイン
Ⅱ.事例検討会
 グループワーク
Ⅲ.質問コーナー(日ごろ疑問に思っていること等交流を深めることを含めた意見交換会)
講師氏名・所属 Ⅰ-1.東京理科大学薬学部准教授 吉澤一巳 氏
Ⅱ-2.日本医科大学千葉北総病院 がん性疼痛看護認定看護師 古山めぐみ 氏
Ⅲ.事例検討会ファシリテーター グループ内学集会メンバー
日時 2018年11月23日(祝・金曜日)10:00~16:00
場所 NTT東日本関東病院 健康管理棟 2階 トレーニングラボ室
〒141-8625 品川区東五反田5-9-22


参加資格 一般社団法人日本がん看護学会会員
費用 無料
募集人数

15名(SIGがん性疼痛看護グループメンバー以外の方)
受付は先着順になります。

申込方法 以下の事項を記入し、E-mailでお申し込みください。
①氏名(ふりがな)、②会員番号、③連絡先(電話番号またはEmail)
申込先 ①グループメンバーの方
優先的に参加できますので、グループ内の担当者まで直接ご連絡ください。
②グループメンバー以外の方
以下の指定のメールアドレスにお申込みください。
sig-pain@jscn.or.jp
申込期限 2018年11月19日(月)17時
その他 会場までの交通費や宿泊を伴う場合の宿泊費、茶菓など実費は参加者の自己負担となります。なお昼食は持参されますようお願いいたします
問い合わせ先 日本医科大学千葉北総病院 (0476-99-2057・直通)
古山めぐみ koyama310@nms.ac.jp
テーマグループ名:外来がん看護グループ
学習会のテーマ 外来がん看護のこれからを考えよう
学習会の内容 ①ハイリスクがん患者を外来で支援していくには
②日々の看護実践の中で困難に感じていることを参加者間でディスカッションし、今後の活動の方向性やヒントを得る。(グループディスカッション)
講師氏名・所属 渡邉眞理氏:横浜市立大学 医学部看護学科 教授
日時 2018年9月9日(日)13:30~16:30
場所 東京: アルヴァスデザイン ワークショップ 「品川駅高輪口」より徒歩2分

〒108-0074
東京都港区高輪3-25-23 京急第2ビル 5階
TEL :03-6277-4140
参加資格 一般社団法人日本がん看護学会会員
費用 無料
募集人数

20名(SIG外来がん看護グループメンバー以外の方)
受付は先着順になります。

申込方法 以下の事項を記入し、E-mailでお申し込みください。
①氏名(ふりがな)、②会員番号、③連絡先(電話番号またはEmail)、④所属施設
申込先 ①グループメンバーの方
優先的に参加できますので、グループ内の担当者まで直接ご連絡ください。
②グループメンバー以外の方
以下の指定のメールアドレスにお申込みください。
sig-outpatient@jscn.or.jp
申込期限 2018年8月31日(金)17時
その他 会場までの交通費や宿泊を伴う場合の宿泊費、茶菓など実費は参加者の自己負担となります。
問い合わせ先 SIG外来がん看護グループ代表 春木ひかる
連絡先 HARUKIH-NUR@h.u-tokyo.ac.jp
テーマグループ名:がん精神看護グループ
学習会のテーマ 対応に困る場面の患者とのコミュニケーション
学習会の内容 目的:関わりが難しい患者・家族への対応に生かす
①がん看護におけるコミュニケーションについて(講義)
②事例をもとにロールプレイを行い、看護師が対応に困る場面のコミュニケーショントレーニングを行う。
グループ全体で検討をし、事例に対する理解を深める。
講師氏名・所属 SIGがん精神看護 学習会メンバー
日時 2018年9月15日(土)11:00~16:00
場所 宮城大学サテライトキャンパス
場所:住友生命仙台中央ビル(SS30)15階第5会議室
http://www.ss30.jp/access.html
住所:仙台市青葉区中央4丁目-6番-1号
アクセス:JR仙台駅から、徒歩約15分
市営地下鉄仙台駅から徒歩約10分
東北自動車道仙台宮城ICから車で約15分(地下2階に有料駐車場)
仙台空港から車で約30分、鉄道では仙台空港アクセス線で仙台まで約20分

*会場建物の入り口にあるエレベーターで15階へ向かってください。
なお、3機あるエレベーターのうち右側のエレベーターは最上階に直通ですのでご注意ください。
会場には会議室までの案内が掲示される予定です。案内に沿って会場にお越し下さい。
参加資格 一般社団法人日本がん看護学会会員
費用 無料
募集人数

10名(SIGがん精神看護グループメンバー以外の方)
受付は先着順になります。

申込方法 以下の事項を記入し、E-mailでお申し込みください。
①氏名(ふりがな)、②会員番号、③連絡先(電話番号またはEmail)、④所属施設、⑤認定看護師資格の有無と認定看護分野/専門看護師資格の有無と専門看護分野、⑥看護師歴、⑦がん看護従事年数
申込先 ①グループメンバーの方
優先的に参加できますので、グループ内の担当者まで直接ご連絡ください。
②グループメンバー以外の方
以下の指定のメールアドレスにお申込みください。
sig-psycho@jscn.or.jp
申込期限 2018年9月7日(金)17時
その他 昼休憩を1時間程度設けておりますので、昼食をご持参ください。会場近くにも飲食店があります。
問い合わせ先 yoshimisweet@yahoo.co.jp
(SIGがん精神看護事務局 松田 芳美宛)
テーマグループ名:ホスピスケアグループ
学習会のテーマ 高齢がん患者・家族のより良い意思決定支援を考えよう!
学習会の内容 超高齢社会を迎え、高齢がん患者・家族は増えています。高齢がん患者・家族のケアや意思決定支援は、高齢者の特徴や背景を理解しながら、個別的なケアを提供することが医療者に求められます。この度、SIGホスピスケアでは、高齢者の特徴を理解しながら、より良い高齢がん患者のケアやアドバンス・ケア・プランニングについて、皆さんと考える学習会を企画いたしました。
日々、高齢者ケアやがん看護で悩んでいる方、意思支援やアドバンス・ケア・プランニングについて学びたい方、是非一緒に学びを深めましょう。
講師氏名・所属 ①高齢者の特徴を踏まえた患者・家族ケア
日向 園惠 氏   石巻赤十字病院 老人看護専門看護師
②高齢がん患者・家族のアドバンス・ケア・プランニングを考える
横山 忍 氏    仙台オープン病院 緩和ケア認定看護師
③高齢がん患者・家族の意思決定支援を考えよう!
高屋敷 麻理子 氏 盛岡赤十字病院 がん看護専門看護師・緩和ケア認定看護師
日時 2018年9月9日(日)9:20~12:45(受付開始 9:00)
場所 仙台オープン病院 C棟地下1F 大会議室
〒983-0824 宮城県仙台市宮城野区鶴ヶ谷5丁目22-1
〔 交通アクセス 〕
タクシーをご利用の方:仙台駅から約30分
市営バスをご利用の方:仙台駅前から仙台オープン病院前経由にて約30分
市営地下鉄をご利用の方:「旭ヶ丘駅」下車、鶴ケ谷7丁目行き (6番乗り場から約15分)
「仙台オープン病院前」下車
お車をご利用の方:
・国道45号線「坂下交差点」から鶴ヶ谷方面に向かって、約3.6km
・「旭ヶ丘駅」から鶴ヶ谷方面に向かって、約3km
・国道4号バイパス「鶴ヶ谷交差点」を上り方面は右折、下り方面は左折し、約1km
・正面(南側)駐車場をご利用ください。
・北側駐車場・・・・・・改築工事中のため使用できません
〔 地図 〕
参加資格 一般社団法人日本がん看護学会会員
費用 無料
募集人数 20名(SIGホスピスケアグループメンバー以外の方)
受付は先着順になります。
申込方法 以下の事項を記入し、E-mailでお申し込みください
①氏名(ふりがな)、②会員番号、③連絡先(電話番号またはEmail)
申込先 ①グループメンバーの方
優先的に参加できますので、グループ内の担当者まで直接ご連絡ください。
②グループメンバー以外の方
以下の指定のメールアドレスにお申込みください。
sig-hospice@jscn.or.jp
申込期限 2018年8月31日(金)17時
問い合わせ先 盛岡赤十字病院 高屋敷 麻理子 Email ma.dct.com@gmail.com
テーマグループ名:乳がん看護グループ
学習会のテーマ 乳がん手術・乳房再建とケア
学習会の内容 第1部:乳房切除術や乳房部分切除術、乳房再建についての講義
第2部:周術期の乳がん患者ケアについてのQ&A
講師氏名・所属 第1部 乳癌手術と乳房再建
演者 藤本 浩司 氏(千葉大学医学部附属病院 乳腺・甲状腺外科)
第2部 周術期における乳がん看護のQ&A
パネリスト 井関 千裕 氏(兵庫県立西宮病院 看護部)ほか
日時 2018年8月25日(土)10:00~12:00(9:30受付開始)
場所 JA秋田厚生連 平鹿総合病院 2階 講堂(横手市前郷八ツ口3−1)
http://www.hiraka-hp.yokote.akita.jp/04_access/index.html
当日は、1階の時間外入り口(救急外来入口)よりお入りください。駐車場は、外来駐車場をご利用ください。車いす用・職員駐車場の利用はご遠慮ください。

参加資格 一般社団法人日本がん看護学会会員
費用 無料
募集人数 50名(SIG乳がん看護グループメンバー以外の方)
受付は先着順になります。
申込方法 以下の事項を記入し、E-mailでお申し込みください
①氏名(ふりがな)、②会員番号、③連絡先(電話番号またはEmail)
申込先 ①グループメンバーの方
優先的に参加できますので、グループ内の担当者(阿部)まで直接ご連絡ください。
②グループメンバー以外の方
以下の指定のメールアドレスにお申込みください。
sig-breast@jscn.or.jp
申込期限 2018年8月10日(金)17時
その他 資料配布はありません。
問い合わせ先 akyoko@chiba-u.jp
阿部恭子(千葉大学大学院看護学研究科)
テーマグループ名:災害がん看護グループ
学習会のテーマ 机上シミュレーション:外来化学療法センターにおける地震発災直後の対応
学習会の内容 最近の外来化学療法センターの状況について講義後に、大地震発生直後の初動(安全確保、安否確認、避難のための処置、避難経路 等)について、机上シミュレーションを体験します。当事者の立場をイメージして、より具体的な対策を考えましょう。
講師氏名・所属 城向 富由子 氏・日本看護協会神戸研修センター
日時 2018年8月25日(土)13:30~16:30
場所 新大阪丸ビル新館 804号 住所:大阪市東淀川区東中島1-18-27
新大阪駅東口を出て交差線を直進、細い路地の突き当りを左へ徒歩5分
参加資格 一般社団法人日本がん看護学会会員
費用 無料
募集人数 15名(SIG災害がん看護グループメンバー以外の方)
受付は先着順になります。
申込方法 以下の事項を記入し、E-mailでお申し込みください
①氏名(ふりがな)、②会員番号、③連絡先(電話番号またはEmail)
申込先 ①グループメンバーの方
優先的に参加できますので、グループ内の担当者まで直接ご連絡ください。
②グループメンバー以外の方
以下の指定のメールアドレスにお申込みください。
sig-disaster@jscn.or.jp
申込期限 2018年8月15日(水)17時
その他 会場までの交通費や宿泊を伴う場合の宿泊費など実費は参加者の自己負担となります。
問い合わせ先 菅原よしえ(宮城大学看護学部)
連絡先 sugawayo@myu.ac.jp
テーマグループ名:血液・骨髄幹細胞移植看護グループ
学習会のテーマ 造血器腫瘍に関する最新の知識
学習会の内容 講演:血液腫瘍に関する病態生理、標準治療や薬物療法の基本的知識、遺伝子変異との関係、最近のトピックス
13:00 受付開始
13:15~14:45 講義
15:00~17:00 事例検討「血液疾患患者の事例を用いて」
講師氏名・所属 近藤 忠一氏・京都大学医学部附属病院
日時 2018年8月4日(土)13:00~17:00
場所 キャンパスプラザ京都 6階第8講習室
http://www.consortium.or.jp/about-cp-kyoto/access
参加資格 一般社団法人日本がん看護学会会員
費用 無料
募集人数 20名(SIG血液・骨髄幹細胞移植看護グループメンバー以外の方)
受付は先着順になります。
申込方法 以下の事項を記入し、E-mailでお申し込みください
①氏名(ふりがな)、②会員番号、③連絡先(電話番号またはEmail)
申込先 ①グループメンバーの方
優先的に参加できますので、グループ内の担当者まで直接ご連絡ください。
②グループメンバー以外の方
以下の指定のメールアドレスにお申込みください。
sig-bmt@jscn.or.jp
申込期限 2018年7月31日(火)17時
その他 特記事項なし
問い合わせ先 大内紗也子
(京都大学医学部附属病院)
syk5422@kuhp.kyoto-u.ac.jp

終了した学習会一覧へ

ページの先頭へ