理事長あいさつ

がんの罹患者は増加の一途を辿っています(厚生労働省による2016年のがんと診断された患者数:995,000人)。人口減社会が進む中、高齢化率は増加を続けており、がん患者は当面増加することが想定されています。そのため、第3期がん対策推進基本計画のもと、①科学的根拠に基づくがん予防・がん検診の充実 ②患者本位のがん医療の実現 ③尊厳を持って安心して暮らせる社会の構築をめざし、社会が一丸となってがん対策が進められています。日本がん看護学会は、「がんの予防」「がん医療の充実」「がんとの共生」を柱とするがん対策推進基本計画に基づき、(1)がん研究 (2)人材育成 (3)がん教育、普及啓発、等の活動を行って参ります。がんは世界の健康問題でもあります。世界保健機関(WHO)の調査によると、2018年にがんにより死亡する人は960万人、がんの罹患は1810万人に達し、いずれも増加を続けています。世界中のがん医療の専門職と手を結び、全ての国の人々に対するがん対策に貢献をして参ります。その活動の一つとして、「グローバルブリッジ・ジャパン・プロジェクト」に採択されたプログラム『禁煙教育に係わる日本のオンコロジーナースの能力向上のための取り組み』を国際がん看護学会(International Society of Nurses in Cancer Care: ISNCC)、アジアがん看護学会(Asian Oncology Nursing Society: AONS)との連携により推進しています。禁煙教育に従事するヘルスプロフェッショナルの一員としてのグローバルな使命を理解し、かつ、国際的な橋渡しの一員となる立場を理解した上で、戦略的にその能力を開発し、たばこコントロールを推進し、がん対策の一翼を担って行きましょう。
 がん医療は、ヒトゲノムの解明、新薬や治療法の開発により、治療成績は着実に向上しています。がん医療に携わる看護師は、最新のがん医療に関する知識・技術を研鑽する必要があり、そのための研修や認定制度について引き続き検討を重ねます。加えて、がん患者の社会との共生について多面的に対応を検討しなければなりません。高齢がん患者のフレイルや認知機能低下を考慮した包括的なケア、治療継続と生活の両立への支援、希少がん・難治性がん患者や若年がん患者などが不利や不安を感じることなく治療と生活の両輪をすすめていくための看護が求められています。これこそ、がん看護がリーダシップをとり社会の人々共に解決すべき課題です。
 今まさに、学会員お一人お一人の力が求められています。共にがんばりましょう!

2019年4月 一般社団法人日本がん看護学会理事長 小松 浩子

お知らせ

2019.10.16
台風19号被災地の会員の皆様

台風19号により被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。
被災された方々の生活が一日も早く元に戻れますよう、心よりお祈り申し上げます。

2019年10月16日 一般社団法人日本がん看護学会理事長 小松 浩子
2019.10.15
SIG【臨床試験看護師グループ】主催の学習会のお知らせを公開しました。
2019.10.11
International Conference on Cancer Nursing (ICCN2020 in London,29 March to 1 April, 2020.)への参加登録は現在受付中です。
https://iccn2020.org/register-now/
2019.10.10
SIG【小児・AYA世代がん看護グループ】、SIG【がん化学療法看護グループ】、SIG【がん性疼痛グループ】主催の学習会のお知らせを公開しました。
2019.10.3
『日本がん看護学会誌』はJ-STAGEで論文の公開をしています。
最新の掲載論文について、下記ページよりご覧ください。
https://www.jstage.jst.go.jp/browse/jjscn/-char/ja/
2019.9.30
SIG【肺がん看護グループ】、SIG【スキンケアグループ】主催の学習会のお知らせをそれぞれ公開しました。
2019.9.27
国際活動委員会から、ISNCC Award推薦者の募集の案内が来ました。添付ファイルをご参照ください。
ISNCCAward推薦者の募集
isncc_2019_awards_nomination

以下のURLからも募集要項、基準、様式など参照できます。
https://cdn.ymaws.com/www.isncc.org/resource/
resmgr/awards/isncc_2019_awards_nomination.pdf
2019.9.26
日本緩和医療学会より、第28回教育セミナーのご案内がございました。 詳細は下記をご覧ください。
http://www.jspm.ne.jp/seminar/200111seminar.html
2019.9.17
AONS(2019年11月13-15日ムンバイ開催)が参加登録を呼びかけています。
HPはhttp://www.aonscon2019.com/です。ふるってご参加ください。
2019.9.13
【お知らせ:ICCN2020ロンドン、9/30から登録、宿泊予約開始のお知らせ】
2020年3月29日から4月1日にロンドンで開催予定のInternational Conference on Cancer Nursing (ICCN2020)の登録とホテルなどの予約サイトが2019年9月30日に始まります。 ISNCCからのメールによると702演題が登録されたとのことです。
今後の重要な日程の詳細はURLをご参照ください。
https://iccn2020.org/
2019.9.11
国際活動委員会が海外文献の紹介をアップしました。
2019.9.2
2019年11月16日(土)にがん医療研修機構主催の第27回オンコロジーセミナーが開催されます。詳細は下記をご覧ください。
https://ez-entry.jp/oncology27/entry/
2019.8.29
SIG【がん精神看護グループ】主催の学習会のお知らせを公開しました。
2019.8.28
ONS 44th Annual Congress 参加報告、7th ACP-I Conference 参加報告をアップしました。
2019.8.28
SIG【遺伝がん看護グループ】主催の学習会のお知らせを公開しました。
2019.8.28
【お知らせ:ICCN2020抄録締め切りの延期について】
ISNCCではICCN2020の抄録受付締め切りを2週間延期しました。
2019年9月3日火曜日23:59(北米EDT)まで受け付けています。
学会ホームページ:https://iccn2020.org/
応募サイト:https://iccn2020.org/abstracts/
問い合わせ先:iccn2020@icsevents.com
なお、個人会員の皆様には割引特典があるかもしれませんが、ICCN2020参加の日本がん看護学会会員用の割引コードは提示されておりません。ISNCCに数回問い合わせましたが、回答が得られませんでした。
2019.8.23
「将来に亘って持続可能ながん情報提供体制に関する第2回 意見交換会の延期のご連絡について」
厚生労働科学研究費補助金(がん対策推進総合研究事業) 「将来に亘って持続可能ながん情報提供と相談支援の体制の確立に関する研究(H29-がん対策-一般-005)」研究班より、 2019年8月25日(日)に開催を予定しておりました、第2回目の意見交換会につきましては、 諸般の事情により延期となりました旨、ご案内がありましたのでお知らせいたします。
2019.8.19
SIG【臨床試験看護師グループ】、SIG【外来がん看護グループ】主催のお知らせをそれぞれ公開しました。

過去のお知らせへ

ページの先頭へ