日本がん看護学会からの緊急メッセージ:
「がん医療・看護の質を担保し、人々の命と 尊厳を守る」ために

新型コロナウィルス感染症(COVID-19)は地球規模の災害といえます。全世界の人々が今COVID-19の脅威と闘っています。とりわけ、がん患者の皆さんは、がんに対する強力な治療を受けているため、感染を発症するリスクが高く、COVID-19に感染した場合、全身管理を必要とされたり、場合によってはがん治療を一時的に中止する事態が起こるかもしれません。また、COVID-19感染症の対応にひっ迫する施設では、医療崩壊がおこり、がん医療を十全に行うことが難しい状況が訪れる危険があります。実際に、がんの確定診断のための検査、予定していた手術などを受けられないで途方に暮れている患者さんの声が報告されています。今、通常の医療体制をとることが難しい状況ではありますが、その中でも、がん医療に携わる看護職として、ヒューマニティとエビデンスに基づくがん医療・看護をすべてのがん患者の皆様に提供できるよう努力しなければなりません。
日本がん看護学会では、このような危機においても、「がん医療・看護の質を担保し、人々の命と尊厳を守る」ことをめざし、ヒューマニティとエビデンスに基づき、有効な感染症対策、がん医療・看護のあり方に関する検討を進めます。そのために学会会員、看護職、医療職、保健・ 医療施設、行政、政府、そして社会の人々に対して、次の緊急メッセージを発出し、連携・協力を求めるものです。

  1. 感染症発症リスクの高いがん患者の皆さんが、COVID-19に対する感染対策(手洗い、身体的距離をとること、自宅で過ごすこと、栄養と睡眠の確保など)を通して、感染予防を図るとともに、がん治療を継続していただけることを心より願うものです。そのために、本学会では、予防・診断・治療・フォローアップまで全プロセスにおいて、患者の皆様が感染予防対策のもと、安全に最適な医療を受けていただけるように、関連学会・団体と連携・協力し、情報発信(https://jscn.or.jp/index.html)、社会に向けての提言など社会情勢を鑑みつつ行って参ります。
  2. 感染への脅威の中で、 がん患者とその家族は、感染やがん治療の遅れ、病状の進行や死に対する不安にさらされ、大きなストレスを体験している可能性があります。関連学会・団体との連携・協力のもと、がん患者およびその家族に対する相談支援対策について検討し、可能な支援を担って参ります。
  3. 最前線の医療従事者は、感染への脅威と過度のストレスにさらされ、肉体的にも精神的にも過度の負担を抱えながら懸命に最善の診療・ケアを続けています。今後、医療従事者が感染することなく、また、心身ともに疲弊し、使命感に押しつぶされないよう労働環境の改善、後方支援体制ならびに心身のサポート体制の整備が急務となっています。国および地方自治体においてCOVID-19対策に応じた医療従事者へ後方支援体制ならびに精神的支援体制の整備強化を求めるとともに、関連学会・団体との連携・協力のもと、可能な支援を担って参ります。
  4. 新型コロナウィルス感染症はその病態が解明されておらず、医療従事者にとっても未知の領域であり、診断・治療・看護に関するエビデンスが整っていません。このような状況においても、学術団体は、COVID-19についてあらゆる側面から徹底的に分析・検証し、感染爆発を防ぐための対策を練り上げることが急務です。日本がん看護学会は、患者の皆様が治療に臨み、生活と人生を大切に送っていただけるよう、専門分野の側面から組織的に継続してデータの収集・追跡を行うとともにがん看護学の視点から研究に取り組みます。
世界的な危機は一人では乗り越えることはできません。「私たちは一人ではない」というメッセージを送り、つながりを大切にともにこの危機を乗り越えて行きたいと思います。どうぞご協力・ご支援を賜りますようお願い申し上げます。

2020年4月21日
一般社団法人 日本がん看護学会 理事長 小松 浩子

「がん医療・看護の質を担保し、人々の命と 尊厳を守る」ために
An Urgent Message from the Japanese Society of Cancer Nursing (JSCN):
Assurance of the Quality of Cancer/Nursing Care and the Protection of People’s Lives and Dignity

 学会事務局の在宅勤務導入について

学会事務局では、新型コロナウイルス感染症の感染拡大を防ぐため、4月6日より当面の間、在宅勤務を優先した勤務体系へ移行することを決定いたしました。
実施期間については今後の状況に応じて対応を行なってまいります。
お問い合わせにつきましては、原則メールにて対応をさせていただきますが、内容によっては一部対応に遅れが生じる可能性もございます。
学会員の皆様におかれましては、大変ご迷惑をお掛けいたしますが、何卒ご理解とご協力を賜りますようお願い申し上げます。

【お問合せ先】
一般社団法人日本がん看護学会事務局  info@jscn.or.jp

お知らせ

2020.5.20
新型コロナウィルス関連情報の特設ページを更新しました。
新型コロナウィルス関連情報サイト一覧へ、厚生労働省『新型コロナウイルス感染症COVID-19 診療の手引き 第2版』と日本癌治療学会、日本癌学会、日本臨床腫瘍学会(3学会合同作成)『がん診療と新型コロナウイルス感染症:がん患者さん向けQ&A』を追加しました。
2020.5.1
学会誌投稿規程を一部改正し、論文投稿に関する不正行為防止のためのガイドラインを掲載しました。
2020.4.28
新型コロナウィルス関連情報の特設ページを更新しました。
日本がん看護学会からの緊急メッセージ(英語版)を掲載しました。
新型コロナウィルス関連情報サイト一覧へ、『日本がんサポーティブケア学会』、『国立がん研究センターがん情報サービス』を追加しました。
2020.4.24
新型コロナウィルス関連情報の特設ページを設置しました。
日本がん看護学会からの緊急メッセージ
関連情報サイト一覧
2020.4.23
英語版ホームページへ第34回日本がん看護学会の開催の様子(海外向け)を掲載しました。
第34回日本がん看護学会の開催の様子(海外向け)
2020.4.23
国際交流と活動ページを更新しました。
・第34回学術集会での国際活動委員会セッション「がんゲノム医療時代に私たちにできることは何か?」概要とアンケート結果を掲載しました。
第34回学術集会国際活動委員会セッション(ゲノム)とアンケート結果
・ISNCCがCOVID-19 Position Statementを発表しました。
ISNCC COVID-19 Position Statement March14, 2020
ISNCC COVID-19 Position Statement March14, 2020【日本語訳】
2020.4.22
JSCN-SIGテーマグループ活動の概要にアピアランスケアグループについて掲載しました
2020.4.20
表彰委員会より、学会賞および学術奨励賞(教育・実践部門)候補者推薦のお願いをアップしました。
2020.4.20
日本看護系学会協議会より『緊急メッセージ:「医療崩壊を防ぎ、人々の命と尊厳を守る」 ために』が発信されております。詳細は下記をご覧ください。
緊急メッセージ:「医療崩壊を防ぎ、人々の命と尊厳を守る」 ために
JANA COVID-19対応 特設ページ
2020.4.17
『日本がん看護学会誌』はJ-STAGEで論文の公開をしています。
最新の掲載論文について、下記ページよりご覧ください。
https://www.jstage.jst.go.jp/browse/jjscn/-char/ja/
2020.4.14
日本看護系学会協議会より、医療現場の最前線でCOVID-19患者の看護を担う看護職の方を支援するための特設ページが公開されております。
加盟学会でそれぞれ作成された、COVID-19患者ケアに関する看護ガイドライン、ケアプロトコール、海外ガイドラインの和訳資料、チラシなどが共有されております。
詳細は下記URLよりご確認ください。
JANA COVID-19対応 特設ページ
2020.4.6
学会事務局の在宅勤務導入について掲載しました。
2020.3.25
国際活動委員会より国際交流と活動ページに下記3点を掲載しました。
ICCN2020 in London開催延期のお知らせ
ONSからCOVID-19情報提供のお知らせ
臨床でのCOVID-19における対応のあり方まとめ
2020.3.24
SIGグループにアピアランスケアグループ、頭頚部がん看護グループを追加し、JSCN-SIGテーマグループ活動の概要について更新しました
2020.3.19
2020年度 日本がん看護学会表彰者一覧について更新しました
2020.3.11
名誉会員について更新しました
2020.3.11
第35回日本がん看護学会学術集会ホームページを開設しました。
http://jscn35.umin.jp/
2020.3.4
本学会への入会手続につきましてWEB申込みが可能になりました。
入会に際し、代議員の推薦は不要となります。
詳細につきましては本学会ホームページ内、入会方法をご確認下さい。
入会をお待ち申し上げます。
2020.3.3
刊行物・ガイドラインに「がん薬物療法における職業性曝露対策ガイドライン 2019年版」エビデンステーブルを掲載しました。
2020.3.3
国際活動委員会よりISNCCからの2月分のお知らせを掲載いたしました。
ISNCCからのお知らせ(2020年2月分)
2020.3.3
3月21日開催予定 日本放射線腫瘍学会・日本がん看護学会共催
「第30回がん放射線治療看護セミナー」開催中止のお知らせ

「新型コロナウィルス感染症対策の基本方針」などにありますように、多くの人が集う機会への配慮が必要な状況を鑑み、残念ではございますが、第30回がん放射線治療看護セミナーの開催を中止いたします。
既に、事前参加申し込みをされた方や参加を検討されていた方には、大変ご迷惑をおかけいたしますことを心よりお詫び申し上げます。
参加申し込みをされた方への具体的な対応につきましては、決定次第、セミナーHP(http://www.japan-webinar.jp/kango30/)にてご案内申し上げます。
何卒、ご理解、ご協力を賜りますようお願い申し上げます。

過去のお知らせへ

ページの先頭へ